歌手で女優の田村芽実(19)が12日、都内で、ワンマンライブを開催。今夏に、歌手としてメジャーデビューすることが、本人にもサプライズで発表された。田村は「嬉しい!」と喜んだ。

 この日は、松任谷由実や松田聖子、山下達郎、中島みゆき、椎名林檎などの名曲のカバーを中心に全19曲を歌い上げた。まったりとした甘い声で愛くるしく歌ったかと思えば、息を呑むほどの声量で惹きこむなど、圧巻の歌唱力で魅了した。

 ライブ中盤。田村が、ステージバックに設置された映像を指し「ご注目下さい」と観客に語ると、その映像に表示されたのは、8月にビクターからソロデビューすること、そして、それに向けてオリジナル曲の制作をスタートさせるというもの。

 これは田村本人にも明かされていなかったようで、観客と本人へのサプライズ発表。田村は「嬉しい!」「うそ!」という言葉を何度も口にしながら「ミュージカル女優としてやったいこうと思っていたので、まさか歌手デビューするとは思ってもいなかった。嬉しい!」「いつかは自分のオリジナルを歌いたいと思っていたので、歌詞を書いていたし、ギターも始めたし」と笑みを浮かべて喜んだ。

 なお、ライブの詳報は後日掲載。【取材・撮影=木村陽仁】

記事タグ