リハーサルのもよう

 AKB48の加藤玲奈(20)が選抜したメンバーによる舞台劇『劇団れなっち「ロミオ&ジュリエット」』が9日から上演、開演に先駆けてマスコミ向けのゲネプロがおこなわれ、舞台に出演するHKT48 TeamHの神志那結衣(20)、AKB48 TeamKの藤田奈那(21)、AKB48 Team4・STU48の岡田奈々(20)、AKB48 TeamBの福岡聖菜(17)が、加藤と演出を担当する堤幸彦氏(62)とともに囲み取材に応じた。

堤幸彦氏、福岡聖菜、藤田奈那、神志那結衣、岡田奈々、加藤玲奈

 本公演は、AKB48 TeamAの加藤が実施する、自らの推しメン総選挙「れなっち総選挙」により選抜したメンバー32人でおこなわれる舞台劇。配役は白組・黒組のダブルキャストとなっており、男役も含めメンバーが全ての役を演じる。舞台は日によって白組、黒組というメンバー分けでのダブルキャストとなっており、中心キャラクターとなるロミオを白組が神志那、黒組が藤田というキャスティング。またジュリエット役を白組は岡田、黒組は福岡が担当する。

 公演初日となるこの日は白組が舞台を披露。「すごい緊張しました」とゲネプロ後の感想を語る岡田に、藤田は「素晴らしかったですね。一観客として素晴らしいと思いましたし、負けてられないなと」と賞賛の言葉を贈る。

 舞台上で初の男役を演じる藤田と神志那は、両名とも今回の出演に際して宝塚歌劇団の舞台映像を見たり、街中での人間観察で男性のしぐさを勉強したりと、熱心な取り組みをおこなっていたことを明かす。その役作りに関して藤田は「普段から声の出し方とか、ぜんぜん違う。アイドルのときは“こうしたら可愛いだろうな”、と思いながらステージに立っているけど、そんなところを全部一回捨てなければいけないし。全然違いましたね」と苦労を振り返る。

リハーサルのもよう

 一方で神志那は「ちょっと足を広げて歩いたり、逆にジュリエットにキュンとしたりすることもあって」と、自身の中にある“ロミオっぽさ”を再認識。さらに「リハが終わると、(岡田に)段差のある場所で高いところから頭にポンと手を載せて“大丈夫だよ、頑張ろう!”って言われて。それがすごくキュンとしました」と、普段からもラブラブだった様子。

 対して岡田演じるジュリエットは、オリジナルより堤監督演出を加えたカラーの異なる役柄として、今回舞台に登場するが、岡田は「今回はそこまで難しさを感じなかった。女の子っぽくない(ところが強い)役だったのでやりやすかったし、全然大丈夫でした」と演技にも手ごたえを感じた様子。

 また白組、黒組それぞれで強みとなるポイントをたずねられると、岡田は「ラブラブっぷりかな? そこは負けないですね。一緒によく二人でご飯に行ったりもしましたし」と神志那との仲睦まじい様子を明かすと、「恋愛とかイメージできなくて、最初はいちゃいちゃする事なんかもできなかった」とカップルとしての演技で苦労したという福岡は「やばい、行かなきゃ!」とあわてて藤田に話しかけ、笑いを誘う。しかし藤田も「黒組も一致団結して頑張っています。団結力は負けません!」と自グループの強みをしっかりとアピール。

 また劇中のダンスの振り付け構成は、AKB48 Team8の横山結衣(17)が手がけており、その内容に対して神志那は「結衣ちゃんにしては易しいほうだったかな」とコメント。対して藤田は「振り付けの方から“役として踊ってください”ということは言われていて、そこは難しかったですね」と語っていた。【取材・撮影=桂 伸也】

この記事の写真

記事タグ