東海地方を拠点に活動する、BOYS AND MEN(略称=ボイメン)が8日、東京・お台場ヴィーナスフォート教会広場で、新曲「進化理論」(9日発売)のリリースイベントを開催。新曲など4曲を披露した。また、イベントにはお笑いコンビのおかずクラブがシークレットゲストとして登場。ゆいPは、ボイメンファンを公言している相方のオカリナが神社で、絵馬に「『紅白歌合戦』に出れますように」と書き、願掛けをしていると明かした。オカリナは「神様に頼らないと私にも限界がある」と本音を述べた。

 「進化理論」は、TBS系列で放送中のテレビアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』のオープニングテーマ。メンバーの本田剛文が「朝に聴いて元気をもらって欲しい」と言うようにテンションの高いアッパーチューンだ。

 この日はミニライブもおこなわれ、「NO LIMIT」のSEから「サムライチョップ」を披露。曲の最後にはステージ前方までメンバー全員が進み出て観衆を煽り会場のボルテージを上げた。そして、新曲「進化理論」を披露。サビでは新幹線をイメージしているという振付でステージをメンバー全員で輪になって周り、元気いっぱいのステージで会場を盛り上げた。そのまま最後は「かましてこうぜテッペン」でステージを終えた。

 そして、この日はボイメンファンを公言している、おかずクラブのオカリナと相方のゆいPがシークレットゲストとして登場。彼女たちがMCに呼びこまれると、観衆から大きな歓声が上がった。

 オカリナがファンならではの視点で、普段ファンが聞けないようなメンバーの本音を聞き出すためにいくつかの質問をぶつけた。ファンにメンバーがやってもらうと嬉しいと思うことについて尋ねると、辻本達規は「イベントなどにボイメンを知らない人を連れて来てもらえたら嬉しい」とコメント。

 また、吉原雅斗が「有線とかで僕らの曲がかかったりしてるのを聞くと、すごく嬉しかったりする」と言うと、ゆいPは「そんなこと言ったら、オカリナが死ぬほど手紙送るから(笑)」と返し会場は笑いに包まれた。

 さらに、ゆいPが全国の神社にロケなどで訪れる度に、オカリナが絵馬にボイメンが『紅白歌合戦』に出れるようにと書いてお願いしていることを明かすとメンバーからも驚嘆の声が上がった。オカリナは「神様に頼らないと私にも限界があるので」と本音を述べ、会場からも笑いが起こった。

 バラエティー番組などにも出演し、芸人との共演も多いボイメン。ゆいPは番組で共演した際、ひな壇に立ったメンバーがスタッフに「ちょっと移動してもらってもいいですか?」と言われ「いや、自分ここ動きたくないっす」と頑なに拒んだエピソードを紹介。ゆいPはボイメンが「芸人の中でもボイメンは『みんな熱くていい奴らだ』とすごく評判が高い」と明かし、メンバーも歓声を上げて喜んだ。

 小林豊が推しメンだというオカリナ。終始目を合わせることができない様子だったが、最後は小林に「これからどのように活動していきたいか教えてもらってもいいですか?」と質問。小林は「できることがあれば、全部やっていきたい」と答えると、オカリナは「一生懸命、応援していきますので」と顔を赤らめた。

 イベントの最後に、水野勝は「これからも全国に僕たちのエンターテインメントを発信できるように頑張っていきたいと思います。そして“進化”して行きたいと思います。よろしくお願いします!」と呼びかけた。【取材・撮影=松尾模糊】

記事タグ