TOKIOの山口達也がジャニーズ事務所との契約が解除された件で、坂上忍は7日に放送された、フジテレビ系情報バラエティ番組『バイキング』で「今はTOKIOというものを一番大事にしなきゃいけないんじゃないか。4人はこれからも頑張っていかないといけないし、その受け皿がないと」と持論を述べた。

 ジャニーズ事務所は6日、報道各社に向けFAXで山口の辞表を受理し、退所することを報告。『バイキング』では山口の退所をトップニュースとして取り上げ放送。

 番組MCを務める坂上忍は、この一報について「昨日、夜に聞いてびっくりした」と言い、今回の事務所の決定について「刑事事件にまでなったので致し方ない」と語る。月曜レギュラー・コメンテーターのIKKOは「個人的にはそこまでやらなくちゃいけなかったのかな、という気持ちはあったのですが、事務所の『無期限謹慎という曖昧な形ではなく』という文言を見て納得しました」と山口の退所について語った。

 また、6日に書面で「今一度TOKIOとして原点に戻り、それぞれが己と向き合い、誰のために、いったい何をするべきなのかをしっかりと考え、前を向いていきたいと思います」とその心境を連名で綴ったTOKIOのメンバー。

 番組では先日おこなわれた4人の記者会見の模様を流し、騒動の経緯を振り返った。坂上は映像を観て「TOKIOの会見の場面は、何度見ても胸が苦しくなる」と複雑な心境を吐露。そして、「今はTOKIOというものを一番大事にしなきゃいけないんじゃないか。4人はこれからも頑張っていかないといけないし、その受け皿がないと」と持論を展開。

 さらに、山口の今後について「僕らの商売って戻りたくなっちゃうじゃないですか。今の段階で復帰することを言うのは、周りの人間だけでも止めろよと思う」と述べ、「今回のTOKIOがいいモデルケースになれば」と芸能界の不祥事と業界の関係について話した。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)