坂本昌行

 坂本昌行が、WOWOWで独占生中継される、ミュージカル界における世界最高峰の第72回トニー賞授賞式の番組に出演することが決まった。坂本は「番組に参加できることを嬉しく思います」とコメントしている。

 トニー賞とは、過去1年間の該当期間にニューヨークのブロードウェイで上演された演劇、ミュージカル作品を対象に贈られる賞で、アメリカ演劇界で最も権威のある賞とされている。司会者のパフォーマンスやサプライズ演出で、授賞式は進行され、加えて最新の演劇、ミュージカルの見どころも満載で、豪華な顔ぶれの受賞者やゲストたちがステージ上で展開するショーの数々は圧巻。まさに、授賞式全体がショーアップされているところが大きな魅力となっている。

 その生中継番組に、坂本昌行が昨年に引き続き、スペシャル・ゲストとして出演が決まった。ブロードウェイ・ミュージカルやオフ・ブロードウェイ・ミュージカルの日本語版に出演するなどミュージカル俳優としても高く評価されている坂本。今年11月に上演される、英国ローレンス・オリヴィエ賞受賞作の「TOP HAT」日本版の主演を務めることが発表されたばかり。

 昨年、坂本は、「トニー賞直前SP」の番組ロケでNYを訪れ、いくつかの作品を観劇し、体感したブロードウェイの熱気と感動をレポートした。そして、授賞式当日は、日本のスタジオに生出演し、大ヒットミュージカル映画の「ラ・ラ・ランド」からの歌とパフォーマンスで、オープニングを飾った。

 今年も、再びNYを訪れ、ノミネーション作品を観劇するほか、授賞式の放送で披露するパフォーマンスを準備する予定。

 ▽坂本昌行 コメント

 昨年に続き、番組に参加できることを嬉しく思います。再びニューヨークを訪問し、授賞式直前のブロードウェイの熱気を体感し、作品を観劇してきます。最多ノミネート作品が、どう観客の心に刺さったのか、非常に興味があります。さらに現地では、授賞式で放送するスペシャルパフォーマンスも収録することになり、なかなかない経験ができる嬉しさと、それを上回る緊張を感じていますが、自分の引き出しを増やすチャンスなので誠心誠意ぶつかっていいものをお届けしたいです。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)