EXILE HIROとDOBERMAN INFINITYの共同プロデュースによるLDHの新ユニット「BALLISTIK BOYZ」の結成される。4月30日深夜にTBS系で放送された、音楽ドキュメンタリー番組『週刊EXILE』で発表された。平均年齢18.8歳の7人組ダンス&ボーカルユニットで、「全員が歌って踊る」をコンセプトに、メンバー全員がボーカルとパフォーマーを務める。

 HIROらが「全員がマイクを持ち、曲によって歌う人やラップする人が変わり、“変幻自在”、“電光石火”的なスピード感のイメージが強かったので」と、「弾丸」の意味を持つBALLISTIK BOYZと命名。

 メンバーには、2017年に開催された「EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION5 〜夢を持った若者達へ〜」のボーカル部門でファイナリストに選出された日高竜太(22)、加納喜将(21)。おなじくラップ部門のファイナリストである松井利樹(18)、海沼流星(18)。さらに、2013年に世界基準のアーティスト発掘・育成をするために、当時15歳までの少年たちを対象に開催したオーディション『GLOBAL JAPAN CHALLENGE』の合格者で、米・ニューヨークに留学し現地で3年間にわたりダンス・音楽の経験を積んだ深堀未来(18)、奥田力也(18)、砂田将宏(17)が選ばれた。

 新グループの結成に最年少の砂田は「本当に嬉しかったです。みんなで力を合わせてやってきて、一番最初の目標をクリアできたということがすごく嬉しいです」と喜びを語った。

 また、2013年に開催された『EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION4』で落選した経験をもつ日高は、「前回のオーディションから約4年が経つのですが、色々ありました…」と苦節の時期を振り返り、「落ちたからこその経験というか、そういうのがすごく自分のためになったと本当に思っているので。スタートラインにやっと立てたのかなと思うので、ここで絶対に満足しないで、まずはしっかりとデビューというものを決めて、さらにどんどんステージを上げていけるように気を引き締めて、もっともっと努力していきたいです」と涙ながらに決意を語った。

 成果発表会でBALLISTIK BOYZのパフォーマンスを見たHIROは、「新人でまだデビューしてないのですが、良い組み合わせで良いバランスが取れており、完成度の高いパフォーマンスを今から作れているので将来が楽しみです」と期待を寄せた。

 また、LDHが運営するエンタテインメントスクール「EXPG STUDIO」育ちであるGENERATIONS from EXILE TRIBEを始めとする、Jr.EXILE世代の新グループ結成に「小さいころから頑張ってきていた生徒の皆が夢を叶えたりと、GENERATIONSやTHE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZといったJr.EXILE世代の”世代感”というものをどんどん盛り上げて、日本を代表するようなスーパースターが育ってくれればいいなと思っています」と新たな世代の台頭にエールを送った。

 さらに番組では、BALLISTIK BOYZの新展開も発表。現在、メジャーデビューを目指して全国各地でパフォーマンス行脚を開催しているFANTASTICSの「夢者修行 -FANTASTICS9-」に出演することが決定。5月12日におこなわれる福岡公演からオープニングアクトとして参戦する。同じJr.EXILE世代のFANTASTICSと共に、メジャーデビューを目指し動き出す。

 ※編注=日高竜太の「高」ははしごだか。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)