NMB48が29日、横浜・パシフィコ横浜でおこなわれた、18thシングル「欲望者」の発売記念個別握手会で、『NMB48第6期生オーディション』の開催を発表。山本彩(24)、白間美瑠(20)、吉田朱里(21)、村瀬紗英(21)、太田夢莉(18)、山本彩加(15)が希望する候補者像を語った。なお、当初、渋谷凪咲(21)も登壇が予定されていたが、この日は体調不良のため、握手会もあわせて欠席した。

ツッコミを入れる山本彩

 握手会途中で会場内に発表ステージが設けられ、6人とNMB48劇場の金子剛劇場支配人が登壇。当初マイクの接続ミスにより、金子支配人が挨拶しようとするものの、マイクの音が出来ず、会場には笑いが起こる。山本(彩)がたまらず金子支配人の頭を叩く振りをしてツッコミ、さらに笑いを起こす。そんなハプニングもありながら、金子支配人よりオーディション開催の旨が発表されると、会場からは歓声と拍手の音が鳴り響いた。

 山本(加)は「私は5期生として2年前に入ってきました。当時はNMB48のことを知らなかったけど、全然知っている人はもちろん、知識のない方でも楽しめるそんなグループだと思うので、是非どんな方でも来ていただきたいです」と語り、太田は「自分を変えたいと思っている方に来てもらいたい。私もすごく暗かったんですけど、変わることが出来たので、自分を変えたいと思われている方がいれば、是非!」と幅広い層へオーディションをアピールする。

 村瀬は「私は風邪気味なので、いつでも元気いっぱいで丈夫な子が」と語ると、金子支配人から「さっき言っていたのとちゃう!」と物言いが入り、山本(彩)からも「さっきは可愛ければ何でもいいって言ったやん!」と突っ込まれ「可愛い子も募集してます」と付け加えてコメント、会場を沸かせる。

笑いが起こるメンバー

 吉田は「最近は女性専用エリアも作ったり、Queentet(吉田、太田、村瀬、渋谷、植村梓のグループ)の活動もできているので、それに続くような女子力の高い人が来てくれれば嬉しいなと思っています。待ってます!」と同士を求める姿勢。白間は「甘えんぼさんが来て欲しなと思います。後輩に甘えられることがあまりないので、『みるさ~ん!』と言ってすごくベタベタしてくる甘えんぼさんが欲しいです」も仲良くなれる後輩を切望しているようだ。

 そして山本(彩)は「NMBのこれからを担う子に来て欲しいんで、1年後、5年後とか10年後までしっかり未来を一緒に見つめてくれる、夢に向かって熱い気持ちを持ってくれる人が入って欲しいと思います」と切なる思いを語った。【取材・撮影=桂 伸也】

記事タグ