三浦祐太朗が28日、東京・台東の東京キネマ倶楽部で、バースデーライブを開催。今夏に、約4年ぶりとなるオリジナルアルバムをリリースすることを発表した。

 昨年7月に、実母である山口百恵さんの数ある名曲を集めたカバーアルバム『I’m HOME』をリリースし、8万枚以上のセールスを記録した三浦祐太朗。この日は、30日に自身の誕生日を迎えることを記念してバースティライブを開催。会場に詰め掛けたファンからは「おめでとう、おめでとう」の祝福の声が降り注いだ。

 ライブでは、そのアルバムに収録されている「夢先案内人」「秋桜」をはじめ、ファッションブランドのWEB CMで弟で俳優の三浦貴大と兄弟共演で話題になったCMソング「ハタラクワタシへ」などを含む全19曲を披露した。

バースデーライブをおこなった三浦祐太朗

 三浦祐太朗は「これだけたくさんの方が東京キネマ倶楽部に集まってくれて、すごいですね。どうもありがとうございます! 今日はバースデーライブらしいですけど、僕は、バースデーライブだからといって、祝ってもらおうと思っていません。むしろ僕が皆さんを祝おうという気持ちでライブしています!」と感謝の言葉を伝えた。

 またMCでは、今夏に約4年ぶりとなるオリジナルアルバムをリリースすることを発表すると、新作を待ち望んでいたファンからはわれんばかりの拍手が送られた。発売日、収録曲、価格等の詳細については後日、ホームページ等で発表する予定だという。ちなみに、オリジナルアルバムとしての前作は、2014年4月30日に発売された『DAISY CHAIN』である。

 アンコールでは、サプライズでプレゼントが渡された三浦祐太朗。「満を持してのオリジナルアルバムとなります。おなじみでまだ発表していない曲も、まだ皆に聞かせていない曲も入ります! アルバムを出すことは、いろんな人が動いてくれる。すごく大変なことなんです。気合を入れて作ろうと思っています。カバーアルバムを出して一皮向けた自分を、すべてそこにパッケージできたら、と思っています」と新作への自信をのぞかせた。

記事タグ