乃木坂46生駒里奈(22)が、27日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演。5月6日にグループから卒業することを発表している生駒にとって、この日が「Mステ」最後の出演。ネット上のファンから感動の声が続々と挙がり、反響を広げている。

 出演者が並んだ冒頭のシーンで生駒は「今日で最後です。楽しみたいと思います」と笑顔で話し、Mステでの最後のステージを待ちわびる様子を伝えた。

 乃木坂46のステージ前には、司会のタモリとトーク。タモリはしみじみと「生駒、最後なんだよな」と言葉をかけると、生駒は「はい。今回最後ということで、卒業センターやってみませんか、みたいなこと言われたんですけど、やらない選択肢もありだなと思って」とし、新曲「シンクロニシティ」のセンターを辞退したことを語った。

 さらに、タモリからは卒業する“きっかけ”を尋ねられた。生駒は「ちょうど新卒、今年就職の年なので、同世代の人が働きにつくと同時に、私も新しいスタートを切りたいなと思って」と22歳の今、新たなチャレンジを切りたい心境を語り、卒業後はダンスを勉強したい気持ちも伝えた。

 最後のステージでは、コンテンポラリーダンスのごとき豪快かつ流麗なダンスを披露し、メンバー全員がまとまった華麗なパフォーマンスを披露。生駒もまた堂々としたダンスを披露し、最後は白石と並んでセンターポジションへ。白石は生駒の頭をポンポンとするなど、メンバーは生駒に笑顔で寄り添っていた。

 この生駒の「Mステ」最後のステージはネット上でも大きな反響をもって迎えられた。

 ツイッターなどSNS上には「Mステ観て泣いた 生駒ちゃん」「生駒ちゃん本当に素敵で美しかった」「ラスト 生駒ちゃんと集まるメンバー、いい光景」「生駒ちゃんのラスト Mステ悲しいなぁ」「生駒里奈ちゃんにメンバーが駆け寄る場面、泣ける」などと感涙するコメントが相次いだ。

 その一方で、「7年間かな?本当にお疲れ様でした!」「生駒ちゃんありがとう本当に」などと感謝と労いのメッセージも多数投稿されている。

 番組のラストでは、タモリから生駒に花束が贈られた。生駒は「みんなとパフォーマンスできて、本当に幸せでした。本当に良い経験でした」と語り、関係者に感謝しながら笑顔でMステ最後の出演を締めくくった。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ