仁村紗和がイメージモデルを務めた資生堂×ユニクロのコラボビジュアル

 女優の仁村紗和が、資生堂「マキアージュ」とユニクロ「AIRism」がコラボする大型広告にイメージモデルとして起用された。

 仁村は、1月から配信されたAbemaTV初のオリジナル連続ドラマではヒロインを演じた。更に、巫女をテーマにした広瀬アリス主演映画『巫女っちゃけん。』にも出演。4月期のドラマでは日本テレビ系『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』やABC『声ガール!』など話題作へゲスト出演するなど、「2018年バズる女優」として注目されている。

仁村紗和がイメージモデルを務めた資生堂×ユニクロのコラボビジュアル

 中学生1年からダンスを嗜んでいる仁村紗和。今回のビジュアルでは、大胆にも背中を披露しているが、「選んでいただいたときは、正直わたしは背中に自信があまりなかったので不安がありました。実際に自分の背中ってケアするのが難しいですし」と不安もあったという。

 それでも「女性も活躍する今の世の中で働く女性の強さ、そしてそれを支えるマキアージュさんの下地とユニクロさんのインナーの魅力を表現できたらいいなと思って撮影に挑みました」と振り返った。

 なお、5月20日の期間、全国のユニクロ店舗とマキアージュ取扱いのある全国ドラッグストア・大型スーパーなどで展開される。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)