NEWSの加藤シゲアキが27日放送のTBS系朝の情報番組『ビビット』に出演。強制わいせつの疑いで書類送検されたTOKIO山口達也への率直な気持ちを明かした。

 この日の放送では、前日26日に謝罪会見を開いた山口の不祥事を特集。コメントを求められた加藤は「本当、『何やってるんですか、先輩』っていう、今もそういう思いがあって」とし、ジャニーズ事務所の後輩として複雑な気持ちを抱いていることを語った。

 そして、「山口君は僕にとってすごく大好きな先輩で、僕が本を出すたびに毎回読んでくれて、丁寧に感想を言ってくれるそういう人で、本当に後輩思いで優しくて、頼りがいのある本当に大好きな先輩だった」と山口を敬慕する心境に言及。ただ、「そんな先輩のあんな情けない姿は、後輩として本当に見たくなかった」と悔しさをにじませた。

 前日26日の『ビビット』で国分太一が見せた苦悩の表情を観ていたという加藤は「本当にこういう顔(国分に)をさせてあげて欲しくなかったと、見ながら素直にそう思いました」と加藤は口にする。

 さらに、「これからはとにかく反省して欲しいと思うし、反省することをあきらめないで欲しいという思いもある」と山口に反省を求め、今後に期待する一方で、「『太一君はこれから未来のことをまず語る場ではない』とおっしゃっていて、僕自身もそういう気持ちもある」と葛藤を抱えている様子を見せた。

 それらを踏まえて、加藤は「被害者のことを本当に慮って欲しいと思いつつも、『1人の人間の未来を奪われることは望んでいない』と被害者家族の方のコメントもありました」と続け、「お酒で悩んでいる人は日本にたくさんいて、そういう人の希望にもなると思う。ある意味、お酒と戦って、強い姿を僕はもう一度みたい。強い、大好きだった山口君の姿がもう一度みたいというのが、いま率直な気持ちです」と言葉を締めくくった。

記事タグ