インタビューに応えるマキタスポーツ

 音楽の見識も広いタレントで俳優のマキタスポーツが、23日深夜放送のTBSラジオ『東京ポッド許可局』で、所属事務所のオフィス北野から“FA宣言”した。この日は、お笑いコンビ・米粒写経のサンキュータツオ、そしてプチ鹿島も出演。3組ともに“FA宣言”し、残留、移籍、独立を含めて検討していることを明かした。

 番組の冒頭、タツオは「今から話すことはマジなことなんでね」とし、3人および3組からの報告があることを語った。

 そして、マキタは“ひとボケ”交えた後で、「わたくし、マキタスポーツ、オフィス北野を退所することにいたしました」とし、鹿島も同じことをコメント。タツオは米粒写経も「オフィス北野を退所することになりそうです」と報告した。

 タツオは背景を説明。現在、オフィス北野は今回の騒動をきっかけにマネージャー不足に直面し、事務所サイドから「皆さんのマネジメントができません」との趣旨の説明があったという。

 タツオは「すごい大好きなので、ずっとこの事務所でやっていきたい気持ちはあるんですけど」としつつも、現場での負担が増加している現状を指摘。マキタは「俺たちは結構、独特の仕事の領域を広げてきている。今までオフィス北野がやってきた正規のルートとは違うところで独自の仕事を作ってきた」とし、3組の仕事の特徴に言及。

 マキタスポーツの場合は「芸人活動をしながら音楽活動をやったり、評論的なことをやったりとか、あとは俳優業とか。今までないんだよね」と、それぞれが独特の事情を抱えていることを語った。

 そして、仕事の質を維持するために相談した結果、米粒写経、鹿島、マキタの3組は「FA宣言しようじゃないかと」(タツオ)という結論に至ったという。

 鹿島は「今回、自分たちの希望で始まったことじゃない」とし、この現状の中で「全部さらしていくしかない」との考えを伝える。オフィス北野を含め、興味を持つ事務所とも交渉し、「3組セットで移籍、もしくは3組がバラバラでそれぞれオファーが来た事務所に所属するのか、3組で新しい会社を立ち上げるか」と、残留・移籍・独立の3つのパターンのもと考えていきたいとした。

 マキタスポーツはFA宣言することを明言したうえで、「本音言うけど、本当はキョンキョンの事務所に行きたい。昔から好きだったから俺、キョンキョン」とボケを絡ませて語ったが、この3組を「ちゃんと愛してくれていること」を前提に所属先を決めたいことを述べた。

 このFA宣言はオフィス北野の森社長やビートたけしにも報告済みで、たけしからは「頑張れよ」とエールをもらったことも語っていた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ