B’zが23日に公式フェイスブックで、行方不明になっていた松本孝弘のギターが発見されたことを報告。公式SNSなどで情報提供を呼び掛けていたもので、松本がそのピンクのギターを抱いた画像も公開し、感謝の言葉を寄せている。=写真=戻ってきた、ピンクのミュージックマン(ギター)を抱く松本孝弘(Instagramより@bz_official_insta)

 今月上旬からB’zの公式フェイスブックでは、松本が1990年代後半に愛用していたピンクのミュージックマン(ギター)に関する情報提供を呼び掛けていた。

 1997年に保管先から忽然と姿を消し、様々な可能性のもとで捜索したものの所在を掴めなかったというギター。SNSなどが発達した今、「時を経て、思いがけない場所にたどり着いているかもしれません。中古の楽器屋さんで見かけた、ネットでそれらしいギターについて書き込みがあったなどの些細な情報でも結構です」などと、ツイッターなどでの拡散を含め情報提供を求めていた。

 すると、23日になり公式フェイスブックでは、多くの有力情報が集まった末に「なんと、ピンクのミュージックマンが約20年振りに松本孝弘の元へ戻って来ました!」と報告した。

 それによると、「ある楽器メーカーの倉庫に大切に保管されているという情報が入り、現物を確認し、松本本人が所有していたものに間違いないと判断いたしました」と、捜していたピンクのミュージックマンであることが判明した。

 さらに、「松本自身もこのピンクのミュージックマンとの奇跡の再会を大変喜んでおり、この度無事に手元に戻ったことと、皆様への感謝を込めて、5月11日の後期より『B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018』にて、このミュージックマンを展示させていただきます」と現在開催中のイベントで展示することを告知した。

 公式フェイスブックでは情報提供に強い感謝を示し、「改めて、SNSによる情報発信・拡散による奇跡をメンバー・スタッフ共に実感いたしました。重ねまして御礼申し上げます」とコメント。その後、松本がそのピンクのミュージックマンを抱いた画像を公開し、「どうもありがとうございました。あなたの親切を心から感謝しています。ピンクが戻りました!」とコメントを添えている。

記事タグ