女性ファッション誌『ViVi』(講談社)による音楽&ファッションイベント『ViVi Night KIRA KIRA PARTY 2018 SPRING』が23日、東京・DiverCity TOKYOでおこなわれた。この日は、ローラの等身大フィギュアが登場。本物と見間違えた場内からは大歓声が上がるほどだった。

 ローラのVTRが流れたあと明かりが落とされるとBGMが鳴る。薄いライトがステージ中央の、ある“人物”を照らす。ローラと思わしきシルエット。まさかのサプライズ!? と期待が高まる場内は悲鳴にも似た歓声がどっと沸いた。

 通常の明るさに照明が戻されると、そのシルエットがローラとはっきりと分かる状態に。でも微動だにしないローラ。そのなかでMCのカズニョロ(小籔千豊)と川瀬良子が登場し、フィギュアであることを告げると、会場からはため息が漏れた。

 フィギュアは、マダム・タッソー東京が制作したもの。製作費は2000万円で、完成までに6カ月の期間を要したという。ゲスト登場した藤井サチも「似てる! 凄い! 今にも“うふ”って言いそう!」。カズニョロも「身長もこれぐらい似ている」、川瀬も「肌の質感が凄い」と絶賛。更に藤井は「私もいつか作ってもらえるように頑張ろう」とも語っていた。

 このフィギュアは24日から、マダム・タッソー東京で展示されているという。

記事タグ