Superflyが6月6日にリリースする23枚目のシングル『Bloom』の表題曲である「Bloom」のミュージックビデオ(MV)を公開した。また、楽曲の先行デジタル配信も本日より開始。またこの楽曲はゼクシィ25周年“愛を、祝おう。”のテーマソングとなることも決定。Superflyはこの楽曲について「一輪の花が、花開くように愛が生まれていく、そんなイメージを込めて歌いました」とコメントした。

「Bloom」は、昨年一夜限りのライブ「Superfly 10th Anniversary Premium LIVE “Bloom”」で初披露され、作詞・いしわたり淳治、作曲・蔦谷好位置という強力タッグにより制作された楽曲。ピアノとストリングスのダイナミックなアレンジが印象的な、壮大なラブソング。

 MVの監督は「愛をこめて花束を」「Beautiful」を手掛けた番場秀一監督。歌詞に登場する「種」「雨」などもモチーフとして登場し、大きな花のオブジェが印象的で白い美術館のようなシチュエーションで歌うシーンは非常に美しく仕上がっている。

 またこの楽曲「Bloom」が、ゼクシィ25周年“愛を、祝おう。”のテーマソングとなることも決定。「プロポーズされたら、ゼクシィ」のフレーズで親しまれ、創刊1993年以来、多くの新郎新婦に寄り添い続けてきた『ゼクシィ』。25周年を記念して「ゼクシィ25周年 “愛を、祝おう”」プロジェクトを立ち上げ、メモリアルイヤーに華を添えるべく、Superflyの「Bloom」がイメージソングとして起用される。

 今回のテーマソング起用についてSuperflyは以下のようにコメント。

 ゼクシイ25周年、おめでとうございます! 今回、ゼクシィの25周年という記念すべき年に、この「Bloom」という楽曲をテーマソングとして起用していただき、大変嬉しく思います。「愛を、祝おう。」という25周年のテーマは「Bloom」の歌詞に通じ合う、素敵な重なりを感じています。 この楽曲はSuperflyの中でも、数少ないラブソングです。一輪の花が、花開くように愛が生まれていく、そんなイメージを込めて歌いました。あたたかく幸せな空間に、この「Bloom」を贈ります。皆さんに幸あれ!

記事タグ