MVカット

 きゃりーぱみゅぱみゅがダイエット宣言をした。近頃は、トレーニングジムで体作りをしていると伝えていたきゃりー。最近は、加圧トレーニングの成果として、足に筋肉の筋が入るようになってきたとも報告していた。写真は「きみのみかた」MVの一コマ。

 そのきゃりーが21日、Twitterで「2キロ増えてた」と体重が増加したことを告白。更に「食事と運動で1週間で2キロ落とせるように頑張ることをここにて宣言します」と伝えた。

 20日には、その体作りは、新曲「きみのみかた」のミュージックビデオ(MV)の撮影に向けてのものだったとの趣旨を報告したきゃりー。ここでは「撮影終わってからラーメン食べたりポテチ食べたりアイス食べたりしててやばみ」とし「あの衣装足めちゃくちゃでるからな、、あと1週間しかない、、足どしよ、、てへぺろ」と心配視していた。

 ちなみにそのMVは、CGを全く使用せず、きゃりーと黒子扮するダンサーと12台のタブレットを駆使し、歌詞の世界観を、最後までカット割りをおこないワンカットで表現した挑戦的な作品。

 ここでの衣装は、衣装デザイナー飯嶋久美子さんが担当。これまでの奇抜なきゃりーらしさも取り入れつつ、少し大人っぽいヌーディーなワンカラーに上質なシルクを使用し、ラグジュアリーなショートパンツスタイルで臨んだ。

 また、振付では、女性らしく綺麗に見せる脚の動きや、手の振りにこだわった。

 これについてきゃりーは「初めてのワンカット撮影で、少しでも間違えるとやり直しという緊張感がやばかったです。チームワークが大切な撮影でしたが、みんなで頑張って乗り越えられてよかったです! タブレットの中の映像が意外と細かい内容がたくさん詰まっているので、何回も見て楽しんでもらえると思います! 振付けカワイイので、みなさん真似して踊ってみて下さい」とコメントを寄せていた。

きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」

記事タグ