(C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会

 福士蒼汰主演の映画『BLEACH』のアクションシーンを盛り込んだ最新予告映像がこのほど、完成。荒々しく猛るアクションの数々を、[ALEXANDROS]の楽曲が彩る映像となっている。楽曲について福士蒼汰は「すぐに気に入ってしまいました!」と絶賛。[ALEXANDROS]の川上洋平は、バンドとして「成長を表す楽曲」と話している。

 この作品は、霊が見えること以外は普通の高校生・黒崎一護(くろさき・いちご)が、ある日突然現れた死神と名乗る・朽木(くちき)ルキアから、死神の力を与えられ、家族や仲間たちのために人間の魂を喰らう虚<ホロウ>という悪霊たちと戦う物語。

 黒崎一護役の福士蒼汰のアクションシーンに加え、人間を襲う悪霊:虚<ホロウ>を斬ることができる死神の朽木ルキア役の杉咲花、一護のクラスメイトで成績優秀な生徒だが実は死神を嫌っており一護を含む死神に対抗する“滅却師(クインシー)”一族の生き残り・石田雨竜(いしだうりゅう)役の吉沢亮らのアクションシーンも。

 さらに一護と、死神界の掟を破った朽木ルキアを追う死神の阿散井恋次(あばらいれんじ)役の早乙女太一が凄まじい剣技を魅せる。さらに、朽木ルキアの兄で、とてつもない力を秘めた死神、朽木白哉(くちきびゃくや)を演じるのは、世界を舞台に活躍するギタリスト・MIYAVI。超豪華な顔ぶれで、誰も見たことのない、一護、ルキアを追う死神たち、そして悪霊<虚(ホロウ)>たちの壮絶バトルが満載となっている。

(C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会

 今回、[ALEXANDROS]は、主題歌「Mosquito Bite」(今夏リリース予定)と挿入歌「MILK」の2曲を提供。楽曲について福士は「主題歌のお話を聞き、普段から[ALEXANDROS]さんの曲を聴いていたので、とても嬉しかったです。BLEACH×[ALEXANDROS]、絶対にかっこいい! と。実際に完成した曲を聴かせていただいて、映画の雰囲気とアクションシーンにもピッタリの迫力と勢いを感じました。歌詞も、子供が大人へ成長するときの、もがいている気持ちが表れていて、世界観にリンクしているのですぐに気に入ってしまいました!」と絶賛。

 [ALEXANDROS]の川上は、「先ほど完成したものを観たのですが、メンバー全員一致でその場でお金払おうかと思いました(笑)。自分たちがこういう作品の主題歌と挿入歌で関わることができて、本当に光栄に思っています」と感激した様子で、楽曲制作については「“へこたれねえぞ”っていう感情が上手くマッチしたんです。タイトルの『Mosquito Bite』は最初に浮かんでいたのですが、お前の攻撃なんて蚊に刺されたくらいだぜって、いう意味もあります。NYへ武者修行的に曲を作りに行った時の、へこたれないための自分たちの主題歌でもありました。[ALEXAMDROS]にとっても成長を表す楽曲で、ここからいろんなものがスタートしていくんじゃないかなという一曲になりました」と制作秘話を明かした。

 佐藤監督は「一発のリフがこの映画を変えた気がしています。映画を作っているときに口ずさんでいたし、『BLEACH』のテーマになったなと思います」と絶賛。「作品が完成する前にアーティストさんと一緒に完成前の映画を観て、楽曲の話をしたのは初めてでした。それがすごく良かったし、そこに今回の楽曲が合ったっていうのが、奇跡のように感じています」と喜びと述べた。

 迫力のリアルアクションと、『GANTZ』をはじめ数々の作品を手掛けた佐藤信介監督と、日本最高峰のCGチームにより、壮大な世界観の映像化に挑む、映画『BLEACH』。大ヒット作を連発する佐藤監督が描く、死神たちの壮絶なバトルアクションに期待が高まる。

出演:福士蒼汰 杉咲花 吉沢亮 / 早乙女太一 MIYAVI
監督:佐藤信介
脚本:羽原大介 佐藤信介
音楽:やまだ豊
原作:「BLEACH」久保帯人(集英社ジャンプ コミックス刊 ) 
製作:映画「BLEACH」製作委員会
制作プロダクション:シネバザール
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会
この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)