俳優で歌手の菅田将暉が、23日発売の女性誌『JUNON6月号』(主婦と生活社)で巻頭を飾る。

 27日公開の映画『となりの怪物くん』に出演する菅田に、作品にかけて「自分の近くにいる人に対して、かなわないなと思ったり、嫉妬したことはある?」という質問すると「これは多々あります」と目の前にあるJUNONを開き、笑顔で次のような回答が。

 「たとえば竹内涼真。涼真には、周りから愛される力があります。人あたりもいいし本当にかわいいんです。さらにカッコいいし、おもしろい。〜中略〜宮野(真守)さんもカッコいいのに、自ら笑いをとっていこうとする人。周りにもしっかり気を使う方だし、やっぱりかなわないですよ。(さらにページをめくり)で、(野村)周平も…。ってキリがないのでもうやめておきます(笑)。でも、やっぱり自分にないものを持っている人には、かなわないし嫉妬します」

 このほか本号の特集では、日本中を沸かせたフィギアスケートの”羽生結弦&宇野昌磨”のいわゆる「ゆづしょま」萌えからヒントを得た「舞台系男子の”お兄ちゃん&弟”感ががヤバすぎ(ハートマーク)」。植田圭輔&長江崚行、黒羽麻璃央&横田龍儀などの舞台で活躍する美男子たちが兄弟感たっぷりの2ショットで登場する。 仲良しコンビならではの強い絆が垣間見える特集となっている。

 他にも、竹内涼真、岩田剛典、北村匠海、杉野遥亮、超特急などなども登場。