AAA末吉秀太のソロ名義「Shuta Sueyoshi」の新曲「M.A.K.E.」が、はるまきごはんの楽曲「八月のレイニー」に似ているとの指摘があった件で、「M.A.K.E.」の提供作家が提携していた会社が17日、作家の不正行為を認めた。また、末吉も同日、ツイッターにコメントを寄せた。

 「M.A.K.E.」を提供したのは、作家の森大和氏。同氏と提携していたラブスマイルミュージックジャパンは17日、公式サイトを通じてコメントを発表。それによると、はるまきごはんのリリース済み楽曲「八月のレイニー」と酷似しているとの指摘を受け、調査をおこなったところ、「森が『八月のレイニー』をコピーした音源を自身のデモ作品として偽って当社に提出していた」ことがわかった。

 同社は、「提出されたこのデモ音源につきまして、当社から森に完全に自身のオリジナル作品であるか再三に渡り確認を取ったにも関わらず、制作から公開に到るまでの間にも、森からコピーであることの申し出はなく、様々な虚偽の証言を並べ関係者を欺き続け、今回の事態が生じました」とその経緯を説明している。

 今回の事態を受け同社は、森氏を契約解除処分。更に「さらなる指導教育の徹底、管理体制の一層の強化に尽力し、再発防止に全力で努める」とした。また、「はるまきごはん様、Shuta Sueyoshi様、並びに関係者の皆様に一切の過失はございません」とも伝えた。

 この発表を受け、末吉は自身のツイッターを更新。

 「いつも応援してくださっている皆さん、関係者の皆さん、この度は心配をかけて本当に申し訳ありません。今回、実際にこのような事態が起こってしまって俺自身も驚いたし、正直とても残念な気持ちです」

 「作品ひとつひとつに対する思い、姿勢はこれからも変わらないので、引き続き応援していただけたら嬉しいです。今後も納得のいく作品づくり、そしてパフォーマンスができるよう、前を向いて頑張ります!」

 上記の通り、謝罪するとともに、自身の心境を明かし「納得のいく作品づくり」に邁進していくとの気持ちを新たにした。

記事タグ