女優の文音を主演、共演に三浦貴大を迎えた映画『ばぁちゃんロード』が14日に公開され、文音と草笛光子が舞台挨拶に登壇、初共演で結婚前のカップル役を演じた三浦との撮影などを振り返った。この日は共演の桜田通、鶴見辰吾と、映画でメガホンをとった篠原哲雄監督も登壇した。

文音と草笛光子

 『ばぁちゃんロード』は、祖母を心から慕う結婚間近の女性と、その孫に対して、足に怪我を負い施設に暮らすようになってから、すっかり元気がなくなってしまった祖母の2人が、女性の結婚式のバージンロードを2人で歩くという目標に向かう中で心を通わせ、かつての愛情を取り戻していく様を描いたストーリー。主人公・夏海役を文音、祖母・キヨ役を草笛、夏海の婚約者・大和役を三浦が演じている。また主題歌には、大貫妙子が歌う北原白秋作詞/山田耕作作曲の唱歌「この道」が使用されている。

 今回劇中のクライマックスでウエディングドレス姿を披露する文音は「(私は)結婚してないし、ドレス姿も初めて。だからなんか新鮮でしたね」と初体験を回想する。そんな文音姿を三浦も振り返り「初めてだったんですね? ラッキー! いや本当に綺麗だったから…」などと声をかけ会場を沸かせる。

 今回三浦とは初共演の文音だったが「本当にいて欲しいところにいる人だったんです。今でも“三浦くん”と呼ぶのが恥ずかしくて、“大和”としか呼べない。撮影中はいろいろあったけど、精神的に常にそばにいたので、そういうところでも甘えちゃっているのがスクリーンでも出ましたね」と撮影中は三浦とも驚くほど自然に接していたことを振り返る。

三浦貴大

 また、文音は長渕剛と志穂美悦子夫妻の長女で、三浦も三浦友和と山口百恵夫妻の次男という、両親が芸能界でも著名な芸能人であることから、文音は「撮影が終わった後に2人で言っていたけど、私たちが結婚したら、両家の顔合わせってメッチャ豪華だよねって…」などと三浦と話していたことを明かすと、その言葉に三浦は「行きたくない。欠席するわ!」と真顔でコメント、笑いを誘っていた。

 今回の出演に関し草笛は「この話をいただいたときに、友達に言ったら『おばあちゃんが高速道道路をバイクで行くのか?』って返されて」などと語り笑いを誘いながら、普段から体作りに余念が無いことからも、逆に怪我で立ち上がれないという役柄が難しかったというエピソードを「動かない演技というのがとてもつらい。“1センチ足を上げるというのが大変”というのを演技したら、監督が大分疲れました」とリアリティのある演技に苦労したことを振り返る。

 そんな草笛が演じるキヨを、施設で担当する理学療法士・庄司役を演じた桜田は、リハーサルのときに草笛のストレッチを支えていた際に「何処まで伸びるんだ、って感じでしたね。本番ではちゃんと怪我した演技をされてホッとしましたが」と草笛のあまりの体の柔らかさに驚いたエピソードを振り返っていた。

 一方、夏海の父・匠役を演じた鶴見は、今回の役柄に「中学生で父親になる役を演じて、40年近くたちますが…」などと冗談ぽく、かつて出演していたドラマ『3年B組 金八先生』(TBS系)での役柄を引き出し会場を沸かせながら、今回の役柄に関して、かつて自身の結婚の際、嫁の家へ挨拶に行ったときの状況が、似ていたこともあり、義理の父を役作りのヒントにしたことを明かしながら「婿になるのが三浦くんですからね、上の上ですよそりゃ! でも“内心はすごく嬉しいけど、父親として素直に喜べない”というところを醸し出せたらと思いました」と狙いのポイントを語っていた。【取材・撮影=桂 伸也】

記事タグ