ピアノポップバンドのOfficial髭男dismが10日、渋谷モディ店頭プラザでフリーライブをおこなった。このなかで1stシングル「ノーダウト」発売とメジャーデビューをサプライズ発表し、集まったファンを驚かせた。また全3曲を演奏し、演奏力とパフォーマンス力の高さを見せた。

 Official髭男dismは2012年、山陰で結成された藤原聡(ボーカル、ピアノ)、小笹大輔(ギター)、楢崎誠(ベース)、松浦匡希(ドラムス)の4人組バンド。2015年4月に1stミニアルバム『ラブとピースは君の中』をリリースした。10日には前記のシングルと同時に1stフルアルバム『エスカパレード』を発売する。彼らの日本語ポップスにブラックミュージックのファンキーさを兼ね備えた音楽性で人気を集める存在だ。

 メンバーが登場し、大きな歓声に迎えられながらフリーライブはスタートした。1曲目は「恋の前ならえ」。藤原に促されオーディエンスがクラップする。グルーヴィな演奏と、ファンキーなボーカルの歌唱が渋谷の街に響き渡った。

 エンディングに続いて藤原が「次の曲は明日発売のアルバムから『Tell Me Baby』!」とイントロに合わせテンポよくMC。少し遅めなテンポの中で、身ぶり手振りを付けながら歌っていく。観客も力強く手を挙げて音に身を委ねていた。

 ここで藤原が「平日の夜にお待たせしました。このライブの為に来てくれた方もいれば、僕達の名前も知らない方もいらっしゃるかもしれません。皆様のおかげで最高のアルバムができます。本当にありがとうございます」と話すと、拍手が起きた。

 さらに彼らの背後にある幕が落ち、藤原が「ニューシングル『ノーダウト』、明日リリース!」とカミングアウトすると、ファンは熱狂。さらに「明日Official髭男dismは、メジャーデビューします!」と畳み掛けると、驚きと祝福の声の大きさが増した。

 そして藤原は「メジャーデビューと言っても、僕たちの仲間が増えていくという感じなので。皆と一緒にワクワクできる様な音楽を作っていければと」と改めて語り、「これから音楽がどんどん広がっていくという事に期待を感じます」と続けた。

 また「ノーダウト」は長澤まさみ主演のフジテレビ系月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』の主題歌に起用されている。デビューシングルが抜擢されるのは前代未聞の事。藤原も「魅力的なドラマに主題歌として華を添える事が出来て本当に嬉しいです」とコメントした。

 最後にOfficial髭男dismは、この「ノーダウト」を最後に演奏。ラテン風のダンサブルなピアノが鳴るイントロからダンス衝動を刺激していく。緩急のあるアレンジ、藤原の気の効いたアジテーションとシャウトで楽しませた。観客の表情と反応からも満足度の高さがうかがえる、フリーライブであった。【取材=小池直也/撮影=山川哲也】

記事タグ