東海エリアで活躍するMAG!C☆PRINCE(マジプリ)=写真=に続く、地元から愛されるイケメンアイドルグループを目指す、オーディションが開催される。マジプリのリーダー・平野泰新は「自分の可能性を信じて一歩踏み出してみてください」とエールを送っている。

 芸能事務所のワタナベエンターテインメントが、東海エリアの放送局・CBCテレビの全面的なバックアップのもと、東海エリア4県の中学生・高校生によるご当地イケメンボーイズを発掘する『TOKAIスクールボーイズ』オーディションを開催することが決まった。

 『TOKAIスクールボーイズ』のコンセプトは、“クラスで一番人気のある男の子”。そして芸能事務所のワタナベエンターテインメントが、このプロジェクトに向けて東海エリアの放送局・CBCテレビとタッグを組み、全面的なバックアップのもとオーディションからグループ結成後に至るまで特集・展開していく。これにより、「みんなが育てるグループ」として地元の方々から愛されるアーティストを目指す。実際に、現在CBCテレビで放送中の番組 「花咲かタイムズ」と「本気プリ(読み:マジプリ)」において、このオーディションを特集していくことが決まっている。

 ワタナベエンターテインメントといえば現在、東海地区発の5人組アイドルグループ・MAG!C☆PRINCEをプロデュースしている。彼らは、東海地区(愛知・岐阜・三重3県)を盛り上げる地域密着型イケメンアイドルグル―プのメンバーを募集した企画『NAGOYAボーイズ(仮)』のオーディションから誕生。2015年3月15日にセントレア空港で行われた最終審査をもって、応募総数2020人の地元出身の男子の中から個性豊かな5人が選ばれ結成、同年12月23日に「絶対☆アイシテル!」でデビューしている。

 また今年1月には、九州発のアイドルグループ・九星隊(ナインスターズ)がメジャーデビューし、マジプリの弟分グループとして共に活動している。今回の『TOKAIスクールボーイズ』は、マジプリと同じ東海が拠点のグループとして始動予定。才能溢れるフレッシュなイケメン中高生が集合し、東海地区をさらに盛り上げるグループとして、デビューして3年目の先輩・マジプリの背中を追う。

 オーディションへの応募資格は、東海エリア(愛知、岐阜、三重、静岡)在住もしくは出身の男子で、特定のプロダクション・レコード会社・出版社との契約がないことが条件。4月7日より締切の7月18日まで約3カ月間、自薦他薦問わず、郵送もしくはメールにて募集を受け付ける。

 MAG!C☆PRINCEのリーダー・平野泰新は「『NAGOYAボーイズ(仮)』のオーディションに参加した時のことは、今でもしっかりと思い出すことができます。期待と不安が入り混じって凄く緊張をした事を覚えています。そんな中、自分を信じて挑戦したからこそ合格してここまで来られたと思います。オーディションに参加する皆さん! 自分の可能性を信じて一歩踏み出してみてください!」とエールを送った。

記事タグ