メジャーデビュー10周年を迎えたバンド、サカナクションにとって初のベストアルバム『魚図鑑』(3月28日発売)が、発売初週に7.3万枚を売り上げ、4月9日付オリコン週間総合アルバムランキング(集計期間=3月26日―4月1日)で1位に初登場した。

 2013年3月25日付で記録した、6thアルバム『sakanaction』(2013年3月発売)以来5年ぶり、自身通算2作目のアルバム首位となった。

 本作は、2015年公開の映画『バクマン。』主題歌に起用されたシングル「新宝島」(2015年9月発売)をはじめ、同バンドがこれまで10年間に発表した楽曲の中から選出された全34曲が収録されている。今回1位を獲得したことを受けて山口一郎は以下の通りにコメントを寄せている。

サカナクション「魚図鑑」

――アルバム『魚図鑑』が「オリコン週間アルバムランキング1位」を獲得しました。

 10年間積み上げてきた自分たちの音楽を今改めて沢山の方に聴いていただけて、非常に嬉しく、ありがたいと思います。

――改めて、ベスト・アルバム『魚図鑑』を聴いてみてどのような感想を持ったか?

 改めて聴き直すことで自分が一番のサカナクションのファンだなと感じることができました。自分を裏切らないようにという気持ちで音楽をつくってきたと同時に、それがファンのみなさんの気持ちを裏切らない形で今こうして音楽を続けていられると感じています。

――ベスト・アルバム『魚図鑑』はサカナクションにとってどんな立ち位置のアルバムになったか?

 前作のオリジナル・アルバムから久しく時間があき、環境の変化もあり、自分たちの新しい作品をどう作っていくかを模索しているというタイミングで、ベストアルバムを出すことができました。新たなスタートを切るためにも自分の曲を振り返って聴く良い機会になりました。

――いつも新しいことに挑戦し続けてきた10年だったと思うが、今後の予定は?

 これからも色んなことにチャレンジしていきたいと思うのですが、早く挑戦して早く失敗したいです。なぜなら、早く失敗したら、やり直しがきくからです。どんどんチャレンジして、失敗していきたいです。その過程で、未来の音楽に嫉妬できるような音楽への貢献を重ねていければと思います。

この記事の写真

記事タグ