元SKE48のメンバーで、現在はフリーのイラストレーターとして活動する古川愛李のコミック単行本『ちびあいりんのゆるやかな日常2』(KADOKAWA刊)が2日に刊行された。また、これに合わせて、プロダクション・アイジーが運営するスマホ向けアニメ配信アプリ「タテアニメ」内でアニメ化されることも決定。古川みずからが「ちびあいりん」の声優を務める。=写真=「タテアニメ」声の収録現場で、原作本1巻を持つ声優陣。右から新田杏樹、朝日奈丸佳、古川愛李、織江珠生、伏見はる香、白石兼斗。

「ちびあいりんのゆるやかな日常 2」場面写真(C)AtelierAiri 2018 / KADOKAWA CORPORATION 2018

 コミック『ちびあいりんのゆるやかな日常』は、古川愛李が自身をイラスト化することで生まれたキャラクター「ちびあいりん」が主人公のショートコミック。クマのぬいぐるみであざとい性格が憎めない「あざとクマ」、エノキ・ナメタケ・マイタケほか「きのこ」たちなど不思議なキャラクターたちがちびあいりんと絡んで、ときにシュール、ときにナンセンスなストーリーが展開。クスッと笑えて、読後に妙な味わいが残る作品。

 ムック『グラビアザテレビジョン』(KADOKAWA刊)で連載中。単行本は2017年4月に1巻が発売され、その2巻が今回4月2日に1年ぶりに発売された。古川は「昨年に続いて2巻が出せるということで、皆さんの温かい応援のおかげだと感謝の気持ちでいっぱいです。1巻はちびあいりんと各キャラクターとのやり取りが中心でした。今回はキャラクターたち同士も絡むような展開になって、前作以上にカオスな感じになっています! また新しいキャラクターも登場しますので、そちらも楽しみにしてください」とコメントしている。

 また、刊行に合わせて決まった「タテアニメ」は、「攻殻機動隊」シリーズや、「黒子のバスケ」など数々の人気アニメを手がけてきた、プロダクション・アイジーによる新感覚のアニメ配信アプリ。昨今のスマホユーザーの視聴スタイルに合わせ、タテ画面用に制作された新作アニメが配信されている。1本あたり約1〜3分と、ちょっとした待ち時間で見られるのも特徴だ。

「ちびあいりんのゆるやかな日常 2」サンプル(C)AtelierAiri 2018 / KADOKAWA CORPORATION 2018

 今回のアニメ化決定に、古川は「以前エイプリルフールに『ちびあいりん、アニメ化決定!』とウソの発表をしたことがあったんです(※2014年、グーグルプラスで)。今回、本当にアニメ化されることになるなんて! 最初お話を聞いたときは『えーっ!』って思わず声が出ましたし(笑)、いつもいろいろなアニメを拝見しているプロダクション・アイジーさんに手がけていただけることにも驚きました。“動いているちびあいりん”をテスト版で最初に見たときは、本当に感激しましたね」と喜びのコメント。

 古川自身もこのアニメに声で出演。「ちびあいりん」の声優を務めるが、「スタッフさんから『ちびあいりんの声はどうしましょう? ご自身でやられますか、誰か声優さんにお願いしますか?』と聞かれて、自分のキャラクターでもあるので『やっぱり自分だろう』と、僭越ながら挑戦させてもらいました。自分の声優としての出来は…さておき(笑)、ちびあいりん以外のキャラクターたちをプロの声優さんに担当してもらえたこともうれしかったです。一緒に収録に参加させていただいたんですが、“あざとクマ”はよりいっそうあざとくなったし、自分が描いたキャラクターに新しい“息吹”を吹き込んでもらった感じがしました。おかげで、キャラクターたちのことが自分でもより好きになれた気がします」と語っている。

 なお、発売記念のサイン会は4月に、名古屋、大阪、東京で開催され予定。

 ◆古川愛李(ふるかわ・あいり) 愛知県出身。SKE48を卒業後、フリーランスのイラストレーターとして精力的に執筆活動を行っている。エッセイコミック「ちびあいりんの○○語らせていただきます」、ショートコミック集「「ちびあいりんのゆるやかな日常」(ともに株式会社KADOKAWA刊)が現在発売中。また「ちびあいりんと海の世界」ほか3冊の絵本を自主出版にて発売した経験ももつ。公式ツイッターは「@chibiairin_f」。

書誌情報

「ちびあいりんのゆるやかな日常 2」表紙(C)AtelierAiri 2018 / KADOKAWA CORPORATION 2018

「ちびあいりんのゆるやかな日常 2」
著者:古川愛李
定価:1,080円(本体1,000円+税)
発行:株式会社KADOKAWA
発売日:2018年4月2日
https://www.kadokawa.co.jp/product/321801000045/
その他:
【サイン会】※整理券配布が終了している場合がある。各書店のHPで確認を。
4月7日(土曜日)名古屋:
・午前11時より星野書店近鉄パッセ店  http://bookshoshino.wp.xdomain.jp/event1/airin2.html
・午後3時よりTSUTAYA名古屋栄店 http://www.love-emo.jp/nagoya/sale/2018/03/post-4.html
4月14日(土曜日)大阪:
・午後1時よりMARUZEN&ジュンク堂書店梅田店 https://honto.jp/store/news/detail_041000024893.html?shgcd=HB300
4月21日(土曜日)東京:
・午前11時よりブックファースト新宿店  http://www.book1st.net/event_fair/event/page1.html
・午後3時よりHMV&BOOKS SHIBUYA http://www.hmv.co.jp/store/event/32756/