ロック界のレジェンド・矢沢永吉が69歳を迎える今年9月、東京ドームと京セラドームでライブを開催する。

 8日開催となる京セラドームでのライブは、自身のキャリアで初開催となる。そして、69歳の誕生日を迎えた14日の翌日15日に開催する、東京ドームでのライブ。同会場でのライブは、ソロデビュー40周年を記念した2015年以来3年ぶり。国内アーティストとして最年長記録となる。

 また、このほど公開された、本公演のオフィシャルサイトには、矢沢の写真と共に「STAY ROCK」のロゴが掲載されておる。文字通り「ロックし続けるんだ」ということを意味しているようだ。69歳になっても東京、大阪でドーム公演を開催できるアーティストとしてのエネルギー、まだまだ現役でやり続けるということへのこだわりが色濃く表現されている。

 さらに1日朝の読売新聞には本公演のビジュアルとともに全面広告が掲載された。その紙面には「嘘をついてる、暇なんてない」というキャッチコピーが添えられている。エイプリルフールである4月1日だからこそのコピーだが、矢沢永吉にしかできない“ロック”な表現だ。69歳になっての最初のライヴ、メモリアルイヤーにふさわしいコンサートになることは間違いないだろう。

 なお、3月29日に矢沢永吉として初の公式LINEアカウントが開設されている。本公演情報も発信予定だという。

開催概要

日時・場所:2018年9月8日(土)京セラドーム大阪
2018年9月15日(土)東京ドーム
公式サイト:https://stayrock.eikichiyazawa.com/ ※4/1(日)0:00公開

LINE公式アカウント

LINE ID:@eikichi_yazawa
LINE公式アカウント 友だち追加URL:https://line.me/R/ti/p/%40eikichi_yazawa
LINE BLOG URL:https://lineblog.me/eikichi_yazawa/

この記事の写真

記事タグ