「新しい地図」の草なぎ剛と俳優で歌手のユースケ・サンタマリアがレギュラー出演するテレビ朝日系「『ぷっ』すま」の最終回が30日深夜、放送された。19年半の歴史に幕を閉じ、草なぎは「本当に楽しかったです」などとコメント。ファンへの感謝を口にした。

 この日の放送は、最終回ながら「『ぷっ』すま」らしい企画で進行し、草なぎの愛犬であるフレンチ・ブルドッグのくるみが初めて登場。新企画「犬部」を放映し、草なぎは「くるみちゃん、初登場なのに今日で終わっちゃうんだよ」などとボケをまじえて進んだ。

 番組には犬好きの木下優樹菜、パンサーの尾形貴弘、元℃-uteの岡井千聖が愛犬を引き連れて登場。それぞれが愛犬自慢するのんびりとした空気感が特徴的で、ユースケは「最後に新企画って良いんじゃない」と話すと、草なぎも「うん。“『ぷっ』すま”らしい」と納得の表情だった。

 続いて江頭2:50も登場したが、なぜかスーツ姿。江頭は「この3月に“めちゃイケ”終わって、“『ぷっ』すま”終わって、“みなさん”が終わる。テレビに出ない人になるじゃないですか」と切り出し、「だから、“江頭ひではる”で売り出そうと思って」と、スーツ姿の意図を説明した。

 前回の放送でセットを壊したことを謝罪した江頭だったが、「1クールのレギュラーより1回の伝説って言われてたけど、今は1回の伝説より1クールのレギュラーですから」と主張を転じてテレビ出演に猛アピール。

 そんな江頭は草なぎとユースケにテレビの前に向けてメッセージを出すべきと主張。これに応じた草なぎは「でもうれしかったです」と自らの気持ちを代弁してくれた江頭に感謝。それは以前の放送で江頭が発した「“『ぷっ』すま”にエンディングは無いんだよ。この番組にエンディングは似合わねえ」との言葉に対する感謝だった。

 その上で草なぎは「本当に楽しかったです。20年ですからね。皆さんと出会えて。なんかもう、僕の人生に寄り添ってきた番組なので、一言じゃ言えないんですけど、“『ぷっ』すま”は終わるけど、なぎスケにエンディングは無い」と江頭の名言をパクるようにカメラ目線で強調。江頭から激しいツッコミを浴びたが、「エガちゃんには感謝してるけど、ありがとう、終わり」と突き放した。

 怒り心頭の江頭は恒例の上半身裸スタイルとなり、巨大風船で出演陣を困らせると、セットにドロップキックして「ありがとー」と絶叫した。

 番組の最後、あらためてメッセージを寄せたユースケは「“『ぷっ』すま”は終わりますけど、また何かやるかもしれないしね。19年半、20年近くやれたってことは、ただただ感謝なんですよ」と感慨深く話し、草なぎも「応援してくれるファンの皆さんに、本当に心から感謝している」とコメントした。

 さらに、草なぎが「また近々ね」と口にすると、ユースケも笑顔で「近々」と同調し、草なぎは「言うだけはタダだから」とこちらも笑顔に。楽しげなユースケは「言うだけ言っておこうか。また、近々お会いしましょう」と2人は満面の笑みで番組を締めた。

 1998年10月にスタートした「『ぷっ』すま」は草なぎとユースケがレギュラー出演し、毎回豪華ゲストを呼び、様々な対決企画などを実施。今回の放送をもって19年半という長い歴史に幕を閉じた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)