AKB48兼NGT48の柏木由紀(26)が28日、今年の“AKB48選抜総選挙”の出馬を辞退したことを、自身のツイッターで報告した。

 柏木は「遅くなってしまいましたが、、今年の総選挙、辞退させていただきました」とファンに報告。更に「その分、いつも応援してくださっているファンの皆さんが喜んでくれるようなことを考えたり準備したり実現したり。。頑張りますので!これからもどうぞよろしくお願いします」と何らかの企画を展開すると示唆した。

 柏木は昨年の“総選挙”も不出馬した。この時、ツイッターでは「卒業はまだ考えておりません。。」と卒業を否定。選挙辞退を決めた理由を「応援してくださっているファンの方に、総選挙という形では感謝してもしきれないくらい、もう十分支えていただいたと思ったからです」と明かしていた。

 今年の“AKB48選抜総選挙”は、国内のAKB48など6グループに加え、インドネシアのJKT48、タイのBNK48、台湾のTPE48にも立候補権が与えられ、『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』の名称で開催される。

記事タグ