NHKは27日、Eテレのアニメ「ねこねこ日本史」内で、デーモン閣下の肖像を無許可使用したことを謝罪した。デーモン閣下は15日付ブログで、「吾輩の肖像が吾輩に何のことわりもなく使用されているようだ」などと怒りの文面を綴っていた。

 問題の発端は2月28日の放送回で、デーモン閣下を想起させるキャラクター“デーモン風高杉”を登場させたこと。これに対し、デーモン閣下は今月15日付のブログに肖像を無許可で使用されたことを綴った。

 デーモン閣下は「『ねこねこ日本史』(毎水18:45~)なる番組の、『第64話:破天荒シンガー、高杉晋作!~破天荒度MAX編~』にて、吾輩の肖像が吾輩に何のことわりもなく使用されているようだ。『デーモン風高杉』という名だが、『風』ではなく『吾輩』そのものであり、高杉の要素はむしろ微塵も感じられない」と書き出し、「『デザイン上『偶然』とか『たまたま』似てしまった』ではなく、名前も含めて明らかに【吾輩の姿の無断使用】である。言い逃れ不可能!」と非難した。

 さらに、番組制作スタッフに向けて、「君たちは天下の公共放送のスタッフだぞ。何で当たり前の『許諾確認の段取り』が踏めなかったのかね? またはどこかの官庁の役人の様に『言わなければバレない』とでも思ったのかね?」などと厳しく問い、「いずれにせよ本件は、某公共放送からの組織としての誠実な対応を求むしかない」とコメントしていた。

 NHKは27日に番組公式サイト内に謝罪文を掲載した。それによると、「2018年2月28日にEテレにて放送された番組『ねこねこ日本史』第64話において、高杉晋作のキャラクターが、デーモン閣下を直接的に意識させる顔の模様及び扮装をして西洋諸国との条約締結交渉に臨み、大音量でロックを奏でて交渉をまとめるという表現がとられていました」と説明した。

 そして、「本来であれば、同キャラクターに上記顔の模様及び扮装を施した上で登場させること及び演出方法について丁寧に相談等しながら進めるべきところ、これを欠いたことにより、デーモン閣下、関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしました」と非を認め、「皆様に深くお詫び申し上げると共に、今後このようなことが無いよう、一層留意してまいります」と謝罪している。

 アニメ『ねこねこ日本史』は、漫画家・そにしけんじの同名漫画を原作とした歴史コメディー。猫が歴史上の人物に扮して登場している。4月4日から第3シリーズの放送が決定している。

記事タグ