矢口真里

 元モーニング娘。の矢口真里(35)が26日、かねてから交際していた元モデルの一般男性と結婚した。同日、自身のブログで公表した。

 矢口は「4年のお付き合いを経て、お互いがこの先の未来を共に歩んでいけるような存在になれたことを嬉しく思います。ここまで私達を支えてくれた家族や友人、お仕事関係の皆様、本当にありがとうございます」と報告。

 さらに「一度結婚に失敗している私のことを受け入れてくれた彼、そして彼のご家族に心から感謝の気持ちでいっぱいです。未熟過ぎる私ではございますが、自分なりに一生懸命今まで以上に、お仕事、そして家庭を大切にして、幸せになりたいと思います」と綴った。

 矢口は2011年に俳優の中村昌也と結婚するも、自身の不倫がきかっかで2013年に離婚。レギュラー番組やCM、雑誌連載をすべて降板し、1年5カ月の間、謹慎していた。

 矢口の再婚報道を巡っては2017年に、週刊誌によって報じられたが、この時は「何も決まってないのに、決まったと断定した記事。どうして真実じゃないことが記事になるんでしょうね」とブログで報道を否定。今年3月にはスポーツ紙が報じたが、その後に出演したネット番組では「まだ籍は入れていません」としながらも「近々です」と否定はしなかった。

 また、後者の結婚報道では、後輩にあたるモーニング娘。’18がイベントに出席した際、「お祝いメッセージを送りたい」と祝福していた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ