女優の新木優子が24日、大阪市内で、自身3作目となるオフィシャルカレンダー『新木優子オフィシャルカレンダー2018.4-2019.3』(SDP)の先行発売記念握手会をおこなった。

 人気実力派女優の新木。今年1月から放送された、本テレビ系ドラマ『トドメの接吻』や、フジテレビ系ドラマ『ラブラブエイリアン2』での主演、映画『悪と仮面のルール』(1月13公開)が記憶に新しいが、この後も、映画『あのコの、トリコ。』(2018年公開予定)や『劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』(2018年7月27日公開)への出演を控えているなど、活躍が著しい。

新木優子

 そんな彼女が、3月26日に自身3作目のオフィシャルカレンダーを発売する。今作では、24歳等身大の女性らしい魅力と自然体でキュートな魅力が入り交じった、今この瞬間にしか撮り収めることのできない貴重な表情を見せており、一年を通して月ごとに変わるバリエーション豊かな色んな表情が楽しめる。

 その発売を記念した購入者対象の先行発売握手会イベントが、先日、東京・HMV&BOOKS SHIBUYAでおこなわれ、国内外問わずの老若男女のファン1500人を集め、大盛況となり話題となったが、24日には、大阪・紀伊国屋書店グランフロント大阪店で握手会イベントが開催され、約1500人ものファンが詰め掛けた。

 かねてより、大阪でのイベントを心待ちにしていた新木は、集まったファンたちから元気をもらった様子で、約4時間に及ぶ握手会も終始“神スマイル”で交流。東京・大阪2カ所のイベントで計8時間、約3000人を超えるファンとの握手会イベントを終えた新木は「今までのカレンダーの中で、一番周囲からの反応もよかったですし、一番多くの方達に見てもらうことができた作品になったと思います。それは、発信する側である私にとってもとても嬉しいことでした。来年も素敵なカレンダーを出せる様に頑張りたいです」と語った。

本人コメント

――大阪のイベントはどうだったか?

 前回の東京のイベントもそうだったのですが、男性の方、女性の方、どちらもたくさんの方に来て頂いて嬉しかったです。涙を流してくださったり、あたたかい言葉をかけてくださる方たちと触れ合うことができて、本当に来れてよかったなと思いました。お客さんの中には、「大阪でのイベントにずっと来たいと思っていて今日初めて来ました」という方なども来てくださっていましたし、改めて今回大阪でイベントができて本当に良かったと思います。

新木優子オフィシャルカレンダー2018.4-2019.3(SDP)

――大阪のイメージは?

街全体に活気があるイメージがあります。今日来場してくれたお客さんもそうですし、イベントスタッフの皆さんもすごく良い笑顔で動いてくださっていて、改めてそう思いました。
あと、(たこ焼き、肉まんなどの)ご当地名物の美味しい食べ物がたくさんあるなぁというイメージがあります(笑)

――東京と比べて訪れたファンの印象は?

 積極的でおしゃべりが上手! しっかりと気持ちを伝えてくれる方が多かったのが印象的でした。親子で来てくださる方がたくさんいらっしゃったのもすごく嬉しかったです。

――本作カレンダーは大阪でのイベントが最後。カレンダー製作から撮影、そして東京・大阪のイベントまでを通しての感想は?

 今までのカレンダーの中で、一番周囲からの反応もよかったですし、一番多くの方達に見てもらうことができた作品になったと思います。それは、発信する側である私にとってもとても嬉しいことでした。来年も素敵なカレンダーを出せる様に頑張りたいです。