気志團の綾小路翔が、約30年の歴史に幕を下ろしたフジテレビの長寿番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(前身=とんねるずのみなさんのおかげです)への想いを明かした。

 綾小路は過去に、とんねるずと音楽ユニット「矢島美容室」を組んだことがある。厳密には、綾小路が扮するDJ OZMAと容姿が極似するナオミ・カメリア・ヤジマと、とんねるずの2人と容姿が獄似するマーガレット・カメリア・ヤジマとストロベリー・カメリア・ヤジマによるユニット。

 23日に更新したインタグラムで綾小路は「『みなさん』は自分の人生を変えてくれた番組」とし、かつて、とんねるずが番組でチェッカーズと組んだバンド「矢島工務店」に「触発」されて、中学生の時に自身のバンドを結成したというエピソードを紹介した。

 綾小路はかつて、同番組の人気コーナー「新・食わず嫌い王決定戦」に出演。当時を振り返り「遂には番組のプロジェクトにも関わらせて頂いた事、そこで学んだ事、我が生涯の宝物であります」と綴った。その番組がきっかけで矢島美容室を結成。「矢島美容室のデビュー日は『うぅ、腐らず生きて来て良かった!』と、夜空に吠えたものでした」と回顧。

 そのうえで「自分にとってのキング・オブ・パンクロックはとんねるず。『俺にも何か出来るんじゃねーか?』という、大いなる勘違いを与えてくれたお二人。今も変わらず尊敬しています。30年間、本当にお疲れ様でした」ととんねるずへの尊敬の念をしたためた。

 綾小路がバンド結成に触発された矢島工務店は、前身「おかげです」のコーナー「不良少年更生ストーリー ロックン・ロール最高物語」で結成されたバンド。メンバーはとんねるず(石橋=ターキー、木梨=ノーチン)と、チェッカーズの鶴久政治(マーサ)、徳永善也(サンディー)。石橋扮するターキーの担当楽器は「琴」という和洋折衷のバンドスタイルだった。

記事タグ