5人組アイドルグループのベイビーレイズJAPANが22日、Zepp Divercty Tokyoでおこなわれたライブイベント『#卒おめ!2018』に出演。RADIO FISH、WHITE JAMなど10組のアーティストとともにこの春から新生活を迎える学生に「新しいスタートを切る皆さんに歌います」と全5曲を披露しエールを送った。

WHITE JAM

 『#卒おめ 2018』は「未来を明るくするために、一人でも多くの学生に特別な体験を!」という想いから卒業と未来への旅立ちをテーマにした音楽イベント。学生が複数の貢献活動から選択し実施することを要件に無料で同イベントに参加できる仕組み。

WHITE JAM

 この日オープニングから、ロックバンドのFINLANDSに続いたのはSHIROSE、NIKKI、GASHIMAの3人からなる音楽グループのWHITE JAMが登場。ダンサーを引き連れ、パーティーチューンから派手にステージを開始。

 そして、<夏なんていらねーぞ>というリリックが印象的な「夏なんて」を披露。歌詞とは対照的に夏らしいサウンドのギャップがクセになりそうなナンバーだ。MCでは、SHIROSEが自身がケガでスポーツを諦めた時に音楽に出会ったことを回想し「叶えたい何かがある人全てに対する応援歌です」と「最高欠作」を披露。

 最後はピアノサウンドから「咲かないで」を歌唱。SHIROSEは「卒業もさよならではないと思います。それは約束をすることで先延ばしにできると僕は思います。今日は隣にいる人と約束して帰って下さい」と呼びかけた。

ベイビーレイズJAPAN

 会場が暗転し、ステージ上のメインスクリーンにメンバーの顔と名前が映し出され、ベイビーレイズJAPANが1人ずつ登場。「卒おめ! 一緒に素敵な思いで作りませんか」と呼びかけ、「シンデレラじゃいられない」でステージの幕を開けた。

ベイビーレイズJAPANのステージ

 自己紹介から、今年高校を卒業したグループ最年少の渡邊璃生(18)は「ちゃんと卒業しましたよー」と笑顔を見せた。そして「僕らはここにいる」を歌唱。そのままミディアムナンバー「ベイビーステップ」をしっとりと歌い上げた。

 そして、ヘヴィなサウンドが印象的な「○○○○○」を披露。「もっともっとZeppを熱くしたいんですけど皆さん、どうですか!」と会場を煽り、キレのあるダンスでボルテージを上げていく。

 最後は「新しいスタートを切る皆さんに歌います」と言い「夜明けBrand New Days」でこの日のステージを終えた。会場と一体となる盛り上がりで卒業を迎える学生にエールを送った。

 ステージを終え、この日イベントのMCを務めたオリエンタルラジオの藤森慎吾に卒業の思い出を聞かれると、高見奈央(21)は「私は小・中・高と全部、卒業式が雨で直帰した思い出しかありません…」と天気に恵まれなかったことを明かした。

 なお、同イベントにはRADIO FISHやチームしゃちほこ、井上苑子など10組のアーティストが出演し、この春卒業を迎えた学生ら2000人の新たな門出を祝った。【取材・撮影=松尾模糊】

記事タグ