RADIO FISHが22日、Zepp Divercty Tokyoでライブイベント『#卒おめ!2018』に出演。同イベントにはチームしゃちほこ、井上苑子など10組のアーティストが出演しこの春卒業を迎えた学生2000人の新たな門出を祝った。ラッパ我リヤとしても活動する、Mr.Qがオープニングアクトで出演するなど華々しくイベントの幕を開けた。RADIO FISHはオープニングで「PERFECT HUMAN」を披露。会場に一体感をもたらした。また、FINLANDSがこの日のトップバッターを務めた。

卒おめ!オープニング

 『#卒おめ 2018』は「未来を明るくするために、一人でも多くの学生に特別な体験を!」という想いから卒業と未来への旅立ちをテーマにした音楽イベント。学生が複数の貢献活動から選択し実施することを要件に無料で同イベントに参加できる仕組み。

 会場には開演前から多くの学生たちが列を成し、若々しいエネルギーが満ち溢れていた。オープニングアクトを務めたのは、4人組ヴォーカルグループのFirst place。GReeeeNのカバーなどを披露。

 続いたのは女性シンガーのカノン・ドレミ。ピアノサウンドにラップ調のリリックを乗せていく独特の世界観を見せた。そしてラッパ我リヤとしても活動する、Mr.Qが登場。「手を挙げろ!」と会場を煽る。

 それから「Let’s Get !」を披露。会場のボルテージを一気に上げる。Mr.Qは「卒業する人も卒業に向かう人も卒業した人も、みんな年齢なんて関係ないんだよ。好きなことやって、嫌にやったらやめていいし。またやりたくなったら始めればいいんだよ」と会場の学生に呼びかけた。

 そして、10年前に他界した母親に捧げたという「手紙」を披露。その切なくも温かいリリックをしっかりと歌い上げた。

トップバッターFINLANDS

 このイベントのオープニング最後を飾ったのは、RADIO FISH。「PERFECT HUMAN」を披露。オリエンタルラジオ・藤森慎吾が「盛り上がって行きましょう!」と呼びかけ、会場に一体感をもたらした。

FINLANDS

 MCをオリエンタルラジオも二人と、チームしゃちほこの秋本帆華(20)が務めた。初MCとなる秋本はこの日MCをやることをネットニュースで知ったと言い、オリエンタルラジオの中田敦彦は「事務所大丈夫ですか?」と心配するコメントを返し、会場を和やかな雰囲気にした。

 そして、3人に呼びこまれ登場したトップバッターは、塩入冬湖(Vo、Gt)とコシミズカヨ(Ba)からなる女性ロックバンドのFINLANDS。疾走するロックナンバーからステージをスタート。MCでは、塩入が「私たち妙齢なんで、最近卒業したことはないんです。だから、卒業する感覚がなつかしいなと思いました」と語る。

 そして「オーバーナイト」を披露。ミディアムなナンバーで塩入の独特な歌声を聴かせた。最後は4カウントからアッパーチューンでステージを締めくくった。【取材・撮影=松尾模糊】

記事タグ