小泉今日子が28日、NHK総合で放送される音楽番組『マイ・ラストソング』で女優・樹木希林や満島ひかりらと共演。『マイ・ラストソング』は、小泉が師と仰ぐ演出家・作家の久世光彦氏の晩年のエッセイをもとに、小泉自身が「人生の最後に聴きたい名曲」とともに朗読をおこなってきたイベントを番組化したもの。番組では、さらに人生にとって「切ってもきれない大切なこと」を語り合う。

 『マイ・ラストソング』は、アイドル、女優、そして文筆家・表現者として常に進化を続けながら時代の最先端切り開いきた小泉が50代を迎えた今、自身がライフワークとして実現させたかった音楽番組。小泉自身の朗読ともに、選りすぐられた“人生最後に聴きたい歌”を届ける。

 この番組は、小泉の人生において忘れることができない恩師であり、70年代テレビドラマ黄金期を築いた演出家、そして作家とも知られる久世光彦氏の想いを引き継ぐ小泉の念願を叶えるもの。久世氏は小泉をアイドルから女優、さらに文筆家へ導いた人である。

 音楽にも深い造詣(ぞうけい)を持つ久世氏は、その晩年に『マイ・ラストソング~あなたは最後に何を聴きたいか』というエッセイを書き続けた。タイトルの通り、そこには「人生の最後に聴きたい」数々の昭和名曲が心に残るエピソードとともに綴られている。

 久世氏の薫陶を受けてきた小泉は、亡後10年間に渡ってこのエッセイを元に朗読と歌のイベントをおこなってきた。

 今回、そのメソッドを初めて番組化。小泉の朗読と人生に寄り添う歌を届ける。さらに、今回は久世氏ゆかりの女優・樹木希林、小泉も注目する若手女優の満島ひかり、そして、小説家しても活躍する芸人・又吉直樹を迎えて恩師、恋愛、結婚、家族など「女子会」さながらの盛り上がりの中、人生にとって「切ってもきれない大切なこと」を熱く深く語り合う。

 なお、番組にはほか、ミュージシャンの奇妙礼太郎、浜田真理子が出演する。【松尾模糊】

この記事の写真

記事タグ