日本財団パラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーターである香取慎吾が9日、東京2020組織委員会と東京都が平昌2018冬季大会期間中に江陵オリンピックパーク内に開設している「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」を訪れた。

 「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」は、平昌2018冬季大会時に、世界中から訪れる大会関係者・メディア・観戦客等に対し、開催都市東京および東京2020大会の魅力をPRするために開設。2月9日~2月25日のオリンピック期間では、17日間で総来場者数12万3293人と連日盛況となった。

 この日、平昌 2018 冬季パラリンピックの開幕に合わせた再オープンに先立ち、オープン前に香取慎吾が来場。香取はさっそく「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」のメインコンテンツ、東京の観光地のCG映像の中に来場者の等身大アバターが出現する「THE TOKYO TRAVELLERS コーナー」を体験。スキャン後、自身のアバターを見つけて「すごい! おれが歩いていてびっくりです!」と、日本の最先端の技術に驚いていた。

「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」を訪れた香取慎吾(C)Tokyo 2020

 また、「東京2020大会追加競技イメージフォトコーナー」では、東京2020夏季パラリンピックにて採用される「テコンドー」を写真で体験し、さらに、2月28日に発表された東京2020大会マスコットのボードとPyeongChang to TOKYOフォトスポットの前で撮影するなど、館内を満喫していた。

 最後に「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」の印象について聞かれると、「まさに日本や東京 2020 大会に足を運びたくなるような施設だと感じました」とコメント。また、「何人かの選手とお会いして、 パラリンピックという特別な場所でも、『自分のルーティンを守りつつ、最高の力を発揮する』という姿勢に感銘を受けました。とにかく応援しています!」と日本代表選手団へ応援メッセージを贈った。

パラ五輪選手の姿勢に感銘「僕の“頑張る明日”をもらいたい」

――「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」の印象は?

 ITやアニメーションのような新しい文化も融合された日本の様々な魅力が集まっていて、まさに日本や東京2020大会に足を運びたくなるような施設だと感じました。ここに多くの海外の方が来てくれているのは、日本人として嬉しいです。是非皆さんに来てほしいですね。

「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」を訪れた香取慎吾(C)Tokyo 2020

――“東京”の魅力はどのように感じられていますか。

 僕、本当に東京が好きなんですよ! 30年近く、東京で仕事してきて、楽しい時もそうではない時も東京の街を見て、「明日頑張ろう!」と思いながら過ごしてきたので。東京は街の美しさや綺麗さだけでなく、華やかで夢が詰まっているような雰囲気に魅力を感じます。Tokyo 2020 JAPAN HOUSEではそういった魅力感じられますね。

――パラリンピック日本代表選手団へのメッセージを。

 選手村に伺って何人かの選手とお会いしたんですけど、僕はパラリンピックの雰囲気に興奮していたのですが、選手のみなさんはリラックスされていて。パラリンピックという特別な場所でも、「自分のルーティンを守りつつ、最高の力を発揮する」という姿勢に感銘を受けました。とにかく応援しています! 皆さんの姿を見て、僕の“頑張る明日”をもらいたいです!

記事タグ