田中麗奈、余貴美子、藤井美菜、監督

 女優の田中麗奈が出演する日台合作映画『おもてなし』が3日に公開初日を迎え、その舞台挨拶が同日、都内でおこなわれた。田中をはじめ、共演の余貴美子、藤井美菜と、メガホンをとったジェイ・チャン監督が登壇。映画のテーマである「おもてなし」についてトークが展開された。

 映画『おもてなし』は、田中と『九月に降る風』などの俳優、ワン・ポーチエとのダブル主演より制作された、日台合同制作の作品で、琵琶湖畔の旅館を舞台に、経営難からの立て直しを目指して奮闘する人々を通して見える「おもてなし」の意味を描いたストーリー。

田中麗奈

 田中が演じるのは、かつて企業に勤めながら、経営不振の旅館を1人で切り盛りする母を支えるために出戻った一人娘の梨花。余は、梨花の母役、藤井は、ワンが演じる台湾の青年実業家、ジャッキーの、かつての恋人・尚子を演じる。また本作の音楽は、大橋トリオの活躍で注目を集める大橋好規が担当している。

 今回映画のテーマ「おもてなし」を取り上げた経緯について、チャン監督は、日台合作の話を進めていくうちに「おもてなし」をテーマに挙げる案が生まれていったことを振り返りながら「おもてなしと一口に言っても、日本のおもてなしと台湾のおもてなしは違います。そもそもおもてなしとは何か? それが場所によって違うのか? これが世界中に広がったらどうなるのか? そういうことを考えていくうちに、今度は、世界の間ではどうなのか? またインターネットが普及しているこういう時代にあって、個人の人と人とのおもてなしとはどうなのか? 抱えているバックグラウンド、背景が違う人の間でのおもてなしとはどうなのかと考えていくところからこの映画は出来上がっていきました」とさまざまなイマジネーションを膨らませて映画を構築したことを明かす。

余貴美子

 そして「皆様のご支援、参加していただいた俳優さんに感謝しています。非常に難しい撮影だったと思いますが、この映画を通しておもてなしとは、自分より他者のことを先に考えることだというメッセージが、世界中の人に広がっていくことを祈っています」と感謝とともに作品への思いを明かした。

 また、田中は「3月3日、今日はひな祭りですね。天気のいい日に初日が迎えられたこと、そして皆様と一緒にこの『おもてなし』がスタートしたことをとても嬉しく思います」と挨拶。当作品が香港映画祭でオープニング作品となることが決定したことを受けて「香港の皆さんに『おもてなし』をどう受け取っていただけるのかはすごく興味ありますし、私自身も香港映画祭を楽しんでいこうと思います」とその思いを語る。

藤井美菜

 この日は映画のテーマにちなみ、個人的に受けた印象的なおもてなしのエピソードを尋ねられると、藤井は昨年初めて米ニューヨークに訪れ、中一日を1人だけで過ごした際に韓国人、中国人のカップルと出会った際のことを回想し「言葉がごっちゃになりながらも楽しい一日を過ごせたので、心は通じるものなんだなと思いました」と作品につながりそうなエピソードを振り返っていた。

 一方で田中は、かつて中国・大連でドラマの撮影で長期滞在した際に、休日に俳優部の女性制作担当者から現地の家に招待され、手作り餃子などの家庭料理を振る舞われた際のエピソードを挙げ「それがすごくおいしくて。中国の楽しめる食事がすごく嬉しかったですね」と温かいひと時を回想していた。【取材・撮影=桂 伸也】

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)