ヒップホップグループのDOBERMAN INFINITYが2日、都内でおこなわれた『マリアナ政府観光局 DOBERMAN INFINITY×オフィシャルイメージソング記者発表会』に出席。楽曲「Lookin' for」がマリアナ政府観光局の公式イメージソングに決まった事が発表された。メンバーのKUBO-Cは「この曲が広まってマリアナの魅力がもっと伝わっていったら良いなと思っています」と音楽による観光支援に期待を寄せた。なお、SWAYはライブのため欠席し、ビデオメッセージで喜びを伝えた。

 マリアナ政府観光局はマリアナ(サイパン島・テニアン島・ロタ島)の観光プロモーション及びマーケティング活動を日本国内でおこなう、北マリアナ諸島自治連邦政府の委託機関。DOBERMAN INFINITYへのオファー理由は、彼らの楽曲が常に前向きで人々に元気を分け与えるからだという。この「Lookin' for」は4月18日発売のアルバム『OFF ROAD』に収録される予定だ。

 発表会が始まり「Lookin' for」が1コーラス流れると、DOBERMAN INFINITYの
KUBO-C、GS、P-CHO、KAZUKIが登場し、1人ずつ挨拶。KUBO-Cは「南国が好きなので嬉しかったですし、このお話を頂いて今すぐ行きたくなりました」とコメント。GSは「お話を頂いた瞬間に曲のイメージができました。でも曲より『皆で(マリアナに)行けるのかも!』という方が楽しみになってしまった」と述べた。

 制作について、P-CHOは「マリアナの景色を思い浮かべて、ポジティブな気持ちを曲に乗せました」と語り、タイトルについても「(そんな気持ちで)新たな自分がそこで探せたらなという想いを込めた」という。

 「Lookin' for」では、ラップだけでなく歌にも挑戦したというKUBO-Cは「メロディが苦手な部分はありましたが、チャレンジしたものに出来たなと思います」と楽曲について語る。

ビデオメッセージを送ったSWAY

 また、KAZUKIは「自分がイメージする南国感のあるハモりを再現できて嬉しかったです」と発言。P-CHOも「(この楽曲は)必ず盛り上がると思います。セットリストの中に今後絶対に入りそうな、大切な1曲になるんじゃないですかね。5月からのツアーでも早く披露したい」と自信を覗かせた。

 今後マリアナに実際に行くという彼ら。KAZUKIは「海外も好きですし、地元が海のない県なので楽しみで仕方ないです」と嬉しそうに話す。続いてKUBO-Cが「ダイビングとかできたら良いですね。本格的にやってみたい」とすると、すかさずGSが「15年前にKUBO-Cとダイビングの体験をしました」と明かし会場が和む。泳げないというP-CHOも「浅瀬でゆっくり楽しみたい」とコメント。

 さらに今回参加する事の出来なかったSWAYがビデオメッセージで登場。「実際にマリアナに行って観光しながら聴いて頂けたら嬉しいです。皆さんをよりワクワクさせられる様な1曲になったら良いなと思っています」と伝えた。

 最後にKUBO-Cは「最高にハッピーで、最高の応援ソングが出来たと思うので是非沢山の人に聴いて頂きたいです。この曲が広まってマリアナの魅力がもっと伝わっていったら良いなと思っています」とコメントし、発表会を締めくくった。【取材・撮影=小池直也】

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)