杉原杏璃と杉村太蔵

 グラビアアイドルの杉原杏璃と、元衆議院議員でタレントの杉村太蔵が1日、都内でおこなわれた、映画『レッド・スパロー』(3月30日公開)のイベントに出席。映画の主人公が女性スパイともあって、杉村を相手に、杉原の「女スパイ適正テスト」がおこなわれた。

 映画は、ロシアの諜報機関でハニートラップや心理操作の訓練を受けた、ジェニファー・ローレンス演じるスパイのドミニカ(コードネーム=レッド・スパロー)が、ある任務によって敵国・アメリカだけでなく、祖国のロシアからも命を狙われる、大国間の裏舞台での陰謀と欲望を描いた作品。原作は、元CIA工作員という異色の経歴を持つジェイソン・マシューズさんによる同名小説で、人気シリーズ「ハンガー・ゲーム」のフランシス・ローレンス監督がメガホンを握る。

杉原杏璃と杉村太蔵

 今回は、株の投資家として手腕を発揮するほどの頭脳と、グラビアアイドルとしても活躍するセクシーさを持ち合わせた杉原杏璃が、衆議院時代にハニートラップの危機に直面しながらも乗り越えた経験を持つ杉村太蔵を相手に、日本版レッド・スパロー候補生として「女スパイ適正テスト」を受けた。

 イベントにはコート姿で登場した杉原。頭脳明晰かつ美しさとセクシーさを兼ね備える主人公が、自身が理想とする女性像に合致するとの見解を述べてから、女性の武器は「隙」と説いた。ただ、自身は「隙が私に一番足りないもの」とし「どうもガードが堅いみたい。男性が入り込む隙がないので、可能性がないとも言われます。隙があり、チャーミングな人がいい」と語った。

 一方、議員になりたての頃、地方企業の社長に頼まれた講演の打ち上げでハニートラップにかかりそうになったという杉村。二次会先のホテルのラウンジで危うくかかりそうになったところを職員が止めたようで「私はこんなにかわいい子に限ってそんなことはない。羽交い絞めで東京に帰って。あれから10数年経ちますがいまでもハニートラップだったか確かめたい」と回顧した。そんな杉村に杉原は「ハニートラップだと思います」とばっさり切った。

杉原杏璃と杉村太蔵

 イベントでは、杉原の「女スパイ適正テスト」がおこなわれ、杉村から議員時代の失敗談を聞き出すミッションが与えられた。椅子に座った杉村は左手を、興奮するとランプが点灯する探知装置に置いた。杉原は「欲望を見抜け」「すべてを使いターゲットを堕せ」「心を捨てて国家の道具になれ」という3つの任務に挑戦。探知装置のランプの点灯数が3つになった時点で任務はクリアとなる。

 杉原は「欲望を見抜くの得意」という宣言の通りに、甘い言葉で杉村を翻弄していく。「すべてを使いターゲットを堕せ」という任務では、杉村好みのセクシードレスを披露。ただ、このセクシードレス披露に至っては、コートを脱がせるさいに、そのひもを杉村に解いてもらおうとする大胆さに出てコートを脱がせる前に3つのランプが点灯。杉村はデレデレの状態だった。

 結果、議員時代の失敗談を引き出すことに成功した杉原はその場で日本版レッド・スパローの認定を受けた。ちなみに杉村の失敗談とは、家族や職員以外は立ち入りが禁止されている議員宿舎にそれ以外の女性を連れてきたことのようで、「その女性は今の家内ですから」とのちの夫人だったと弁明していた。

 杉村からは「RED FOX」のコードネームを与えられた杉原。その理由を「きつねってばかすでしょ。あと私は北海道出身できつねをたくさん見ていて、杉原さんの腰回りがきつねに似ていた」と語った。その杉原は改めて「誘惑する方がドキドキする。これが快感にもなっていきている感じです」とすっかり意識も「RED FOX」になっていた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)