過去と未来が1つに、DEEP 米修行で得た「歌いたい」という想い
INTERVIEW

過去と未来が1つに、DEEP 米修行で得た「歌いたい」という想い


記者:小池直也

撮影:

掲載:18年02月28日

読了時間:約10分

それぞれの成長

――この9カ月のレベルアップも感じられたんじゃないですか。

KEISEI

RYO そうですね。それは一緒に立ったライブでも感じていて。そういうのを踏まえてのシングルでした。成長というよりも、先ほど話していた「想い」の方が上回っていた様な気がします。

――カップリングも「Guess What Girl」、「Turn Back Time」という順番で収録されています。これは皆さん的にも完璧な流れなのでしょうか?

KEISEI はい。曲が被りもしないし、「SING」が活きますね。2曲とも洋楽感覚で聴けますし、バランス的には凄く良いと思っています。「Turn Back Time」は皆さんが大好きな曲ですよ。メロウでスタッフさんも大好き。

TAKA 「Guess What Girl」のMICHICOさん(作詞)、T.Kuraさん(作曲)に関してもデビュー当時からお世話になっています。こういうテイストの曲だったら間違いない、頼りにしている方々です。こういうところにも意味があると思いますね。「Turn Back Time」のNao'ymtさん(作詞・作曲)は初めてご一緒させて頂きました。

 DEEPのスタイルが2曲目まで詰め込まれているんですが、「Turn Back Time」に関しては、意外とこういうミステリアスの世界観は、あまりありませんでした。コーラスグループとしての主張が強い曲ですね。これまでの想いと、これからの想いが一つにまとまった形になったのかなと思います。

――3曲とも既にライブで披露されていると思いますが、観客の反応はいかがですか?

YUICHIRO そうですね。泣かれている方もいました。

KEISEI ファンの皆さんの10年も照らし合わせてもらえているんじゃないですかね。わかってもらえているなと思います。

TAKA やはり、自分の想いを言葉にして歌っているので説得力はあると思いますね。もちろん作家さんに書いてもらう曲も良いのですが、自分達が書く事によって、よりリアルですよね。等身大の想いが表現できているので。それを感じて聴いてもらう事でぐっとくる物があったら嬉しいです。

KEISEI あとは歌ってもらいたいです。やっぱり団体が繁華街でカラオケに入っていく姿を見ると、日本人の人は本当に歌が好きだなと思うんですよ。でも「新しい音楽を掘っていく人が、その中にどれだけいるんだろう?」と考えるところもあります。

 その人たちの耳にDEEPの楽曲が届くと良いですね。歌いたくなる歌を作っているつもりなので。届けば、青春時代に歌に熱中していた心に火が付くと思うんですよ。それを明日を生きる糧にして欲しいなと。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事