ダンスボーカルグループのEXOが25日、『平昌冬季オリンピック閉幕式』に韓国を代表して登場し、平昌冬季オリンピックの最後の夜を彩るステージで締めくくった。“Next Wave”をテーマとした閉会式で、伝統衣装を身にまとったメンバーが芸術的なダンスや歌唱を披露し会場に一体感をもたらすステージでオリンピック最後の夜を彩った。

 23日、24日と京セラドーム大阪でワールドツアーの日本公演を締めくくったばかりの彼ら。“Next Wave”テーマにした閉幕式の、まさにフィナーレを迎える終盤にEXOは登場。

 伝統衣装に身に包んだメンバーのカイがケンガリ(韓国の打楽器)に合わせて芸術的なダンスを披露すると、EXOの代表曲のひとつ「Growl」で圧巻のフォーメンションダンスをみせ、最後に最新アルバムのダンスナンバー「Power」で会場に一体感をもたらした。

 ワールドワイドに活躍するEXOの“Next Wave”の力をみせ、平昌冬季オリンピック閉幕式の会場の観客を魅了した。

 そして、27日に発表されたオリコン週間アルバムランキング(3月5日付)では
1月31日にリリースしたEXOのJAPAN 1st ALBUM『COUNTDOWN』が3週間ぶりに3位まで急浮上しているという反響も見られた。

 『COUNTDOWN』はオリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得し、EXOは海外グループ史上初の1stシングル、1stアルバムの双方での初登場1位を獲得するという快挙を達成していた。

 また、今後、日本では、6月にファンクラブイベントの開催、5月からはユニットのEXO-CBX(エクソ-チェンベクシ)の初の日本アリーナツアー開催も発表されている。

記事タグ