平昌冬季五輪で金メダルを獲得したフィギュアスケートの羽生結弦選手が、そのエキシビションで使用した楽曲が注目を集めている。

 楽曲は、イタリアの若手オペラ歌手3人組イル・ヴォーロが2011年に発売した、デビュー・アルバム『イル・ヴォーロ』収録の「ノッテ・ステラータ(星降る夜)」。

 演技終了後、Amazonのデジタル配信チャートでこの楽曲は急上昇し、前日比4932%アップを記録(Amazonデジタルミュージック人気度ランキング:2月25日)した。

 そのほか、配信チャートでも反響があり前日比3000%増のダウンロード。レコード会社によれば、CDにもオーダーが殺到しており品切れ状態で急きょ増産。現在、急ピッチで製造しているという。

 羽生結弦選手は閉会式に先立つ2月25日、韓国・江陵アイスアリーナでおこなわれた、フィギュア・スケートのエキシビションでトリをつとめ、その際に使用したのが同曲。その演技の美しさと相まって注目が集まっている。

記事タグ