今年結成5周年を迎える新生・東京パフォーマンスドール(通称TPD)が20日に、東京・渋谷 duo music exchangeでワンマンライブ『ダンスサミット2018 〜TRICK!TRICK!TRICK!〜 』をおこなった。この日を皮切りに3月15日、4月19日と3カ月連続でおこなうというもの。ライブはインフルエンザのため休養中の橘二葉を除いた7人でのステージとなった。3月14日にリリースされる「TRICK U」などアンコール含め全18曲をパフォーマンスし、2018年一発目のワンマンライブを成功に収めた。そのもようを以下にレポートする。【取材=村上順一】

新曲「TRICK U」で幕開け

東京パフォーマンスドール

 会場にはTPD楽曲のインストがBGMとして流れ、ステージ後方の壁にはtpdの文字電飾が鮮やかに存在感を放つ。既にオーディエンスは臨戦態勢といった様子で開演を待ちわびていた。開演時刻になるとSEが鳴り響き、7人がステージに登場。定位置に着き、サウンドに合わせ1人ずつポーズをゆっくりと変えていく。

 この高揚感を煽るイントロダクションに続いて、流れてきたのは3月にリリースされる新曲「TRICK U」で、2018年1発目となるワンマンライブの幕は開けた。高嶋菜七による<そばにおいで♪>での一声でその世界観に一気に惹き込んでいく。少女から大人への変化を感じさせた、流れるようなセクシーなダンスと、クールなメロディとビートで進化する新しいTPDを提示。

 趣を変え、メリハリのある動きが印象的な「MY UNIVERSE」、4thシングル「純愛カオス」ではオーディエンスもメンバーと同じ腕の動きで、会場がシンクロ。ライブならではの臨場感を感じさせた。浜崎香帆が「2018年1発目準備はいいか?」と、力強く投げかけ始まったのは「BE BORN -Rearranged ver.-」、ベネチアンマスクを使用し妖艶な雰囲気を醸しだした「キスは少年を浪費する -Rearranged ver.-」と、先代TPDのナンバーを新生TPDが華麗にパフォーマンス。

 ここで、高嶋がソロで「恋しさと せつなさと 心強さと -Rearranged ver.-」を披露。篠原涼子の大ヒットナンバーを、凛とした歌声に反応しフロアは高嶋のイメージカラーであるオレンジ色に染まる。続いては、上西星来と脇あかりによるユニット「赤の流星」によるパフォーマンス。届けたのは「紅〜beni〜」。ユニット名候補のひとつでもあったという“紅”を美麗に表現。日に日に2人のコンビネーションは鋭さを増していくのを感じる。社交ダンスをモチーフにした振り付けや、2人のハーモニーの一体感にも耳を奪われる。

 続いて登場したのは飯田桜子、神宮沙紀、櫻井紗季の3人によるグループ、ぐーちょきぱーが登場。赤の流星とは180度違う雰囲気を持つ元気いっぱいのサウンドに乗って、オーディエンスを煽っていく。「ぐーちょきぱーのテーマ」から「ハジケソーダ!」へ。軽快なロックサウンドにテンションは弾けるようにヒートアップ。観ているだけでポジティブになれるエネルギッシュな空間を作り上げた。

新曲「Honey! Come Come! 」と「SHINY LADY」を初披露

東京パフォーマンスドール

 恒例のオーディエンス撮影OKのコーナー「FLASH TIME」を挟み、後半戦へ突入。新曲の「Honey! Come Come! 」を初披露。ドライブしている様子をモチーフにした振り付けが、春のウキウキした気分を盛り上げるナンバーにまさに“有頂天”。そして、高嶋、浜崎、上西、脇の4人で昨年12月にリリースされた女の子の気持ちを綴った「現状打破でLove you」を、等身大とも言えるキュートさを存分に表現。

 再び7人が集結しクールなラップパートがボルテージを上げる「FREEDOM」、続いてソリッドなギターサウンドが心を捉える「SURVIVAL!!」へ。アグレッシブなビートに乗った7人は加速していくかのようなステージングで会場を席巻。気迫あふれるオーディエンスの掛け声も一際大きく響き渡るなか、デビューシングル「BRAND NEW STORY」でアメイジングな空間で扇情させ、ラストはまさかの新曲「SHINY LADY」を初披露。「TPDのこれから活動していくなかで大切な曲になる」と、語っていたように彼女たちのキラキラとした、輝く未来へ向け希望の光を放つ楽曲で本編をノンストップで締めくくった。

 アンコールを求める“TPDコール"に応え、「WE ARE TPD!!」でアクティブなソロダンスで魅了し、その勢いのまま「Are you with me??」を投下。「みんなタオルを出して、ブンブン振り回していこう!」の言葉にフロアも盛り上がりの熱をかき回すかのように、頭上でビートに合わせタオルを回転させる爽快な光景が広がった。

 上西は新曲「TRICK U」について、「どんどん聴いて私たちの罠に掛かってください!」とコメント。そして、3月と4月に開催されるワンマンでも新曲を披露していくと、期待が高まる話題で盛り上がった。さらに赤の流星が4月1日、ぐーちょきぱーが4月8日にワンマンライブを開催することを発表。

 情報盛り沢山なMCコーナーが落ち着くと上西は「まだ終わりたくないですよね?」と投げかけると、「終わりたくない」とアピールするかのように声を上げるオーディエンスに応え、ラストは「RAISE YOUR HANDS」。<Put your hands up!>の歌詞に煽られるように腕を高く掲げ、ライブならではの高揚感に満ちるなか、新曲3曲を投入した『ダンスサミット2018 〜TRICK!TRICK!TRICK!〜 』の幕は閉じた。

記事タグ