歌手のMay J.が21日、都内でおこなわれた、映画『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!』完成披露上映会の舞台挨拶に登場、劇中の主題歌「絆∞Infinity」を披露した。舞台挨拶には、映画に出演する濱田龍臣、本仮屋ユイカ、石黒英雄、青柳尊哉と、メガホンをとった坂元浩一監督も登壇した。

 映画は、ウルトラマンベリアルの遺伝子を受け継いだヒーロー、ウルトラマンジードを主人公とする特撮ドラマシリーズの劇場映画作品。究極形態であるウルティメイトファイナルとして目覚めたジードに、さらにウルトラマンオーブ、ウルトラマンゼロといったヒーローが集結し、知的生命体の住む星々を破壊してきた巨大人工頭脳ギルバリス率いるギャラクトロン軍団と戦う。ジードとなる主人公の朝倉リクを演じる濱田をはじめ、山本千尋や長谷川眞優らドラマ版のキャストに加え、ウルトラマンオーブにて主人公のクレナイ ガイ役を務めた石黒も登場、さらにゲストとして本仮屋らが出演する。

May J.

 今回、主題歌の歌唱のオファーについてMay J.は「すごく嬉しかったです。小さい頃からテレビでも見ていたし、おもちゃ屋さんで小さなフィギュアを買ってもらって、憧れて小さい頃から遊んでいたんです、女の子なのに。日本を代表するヒーローの歌を歌わせていただいて光栄です」と感激の思いを語る。

 その頃憧れていたウルトラヒーローは覚えていないものの「一番好きなウルトラマンヒーローは?」とたずねられると「やっぱりジードとオーブですかね」と、しっかり濱田、石黒の二人にアピール。石黒は何度もMay J.にお辞儀をしながら「ありがとうございます。今日はぐっすり寝れます」とコメントし、笑いを誘っていた。

 この映画の台本を初めてて読んだときの感想としてMay J.は「『弱さを認めることで、本当の強さがある』ということ。自分自身で問題を解決しようとしても限界があるし、周りの人に助けを求めることで、自分ひとりでは気づかないことがある」と本作より感じたものを語る。

 この日披露した「絆∞Infinity」は、森雪之丞の作詞による作品で、May J.は、サプライズとともに登場したウルトラマンジードとウルトラマンオーブとともに力強く熱唱、この日会場に訪れた多くのちびっ子を沸かせた。

 またMay J.は、この歌を歌い上げた感想を「すごく歌詞と映画のストーリーがマッチしているなと。映画を見たときに、すごく鳥肌が立ったのを覚えていますし、映画を見た後の方が、歌詞がより共感できました」と作品とともに、詞の深さを改めて実感していた。【取材・撮影=桂 伸也】

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)