INTERVIEW

悩めるサラリーマンへの処方箋?藤岡藤巻が語る上手に生きる術


藤岡藤巻

記者:木村武雄

掲載:18年02月21日

読了時間:約13分

楽曲にあるリアリティ

――濃いですね。「息子」や「贈られる言葉」もジーンと来る。若い人が聴いても共感が得られるのではないかと思います。

藤巻直哉 7年ぐらい活動していなかったので、あの当時はまだ会社員だったからね。当時は、会社のことと家庭のことの比重が大きくて、そういう歌がリアリティあったと思うんですけど、今の悩みは65歳になっても…。今、独居老人が増えていて2030年には40何%が日本人口に占めるという話があるようで…。国としても社会保障費が使えないから、元気でいてほしいじゃないですか。元気でいるじいさんと、ばあさんの何かの手助けができないかなと思っているんですけど、難しいんですよね。

藤岡孝章 そのじいさんとばあさんが最近、ネットが凄いんですよね。時間ありあまっているし、お金も通信料だけで定額制じゃないですか。この間も爺さんに聞いたら、Amazonとかにはまっているみたいで、ああいうのって一回やったらやめられないじゃない。買い物するのが楽しくて。パソコンの使い方さえ覚えちゃえば簡単にできるから、ハマっちゃうらしいんですよ。YouTubeもそう。さっきもYouTube見ていて俺たちの楽曲が上がってて「YouTubeすごいね。いつでも見れるんだ」って。そういう老人が見始めたらすごいと思うんですよ。今の見ているのは氷山の一角だと思うので、これからのネットは老人の時代だなと思います。

藤巻直哉 凄く触れているらしいですよ。テレビの視聴者は50代以上が多いと言われていますけど、テレビ派とネット派にね。だいたい人口構成を見たってね、団塊の世代が一番多いじゃないですか。昭和22年・23年・24年生まれが800数十万人いるみたいで、そこが一番のボリュームゾーンだから。僕らより少し先輩はビートルズ世代とも言われて、新しもの好きなんですよね。だからネットも「どういうものだろう」という好奇心でやって、ハマりだしているという話を聞いたことがあります。

藤岡藤巻

リハーサルのもよう。「風に吹かれて」にて

――SHOWROOMで配信するのはなぜですか?

藤巻直哉 好奇心ですね。今のところ年寄りがSHOWROOMに行っていないとは思うけど、なんでも良いから見てもらう機会を増やそうという思いもありますね。

藤岡孝章 共感をね、じいさんで引っ込み思案だからね。なかなか自分から出てこないんで。仲間を増やしたいなと。

藤巻直哉 こんなジジイでも頑張って生きてるんだ、というね。

藤岡孝章 この歳になると友達が増えないんですよ。死ぬばっかりで。

――「バレンタインデー死ね」という曲がありますが、YouTube上でも上がっていますね。

藤岡孝章 見ました、見ました。昨日、2人で。「面白ねえな、この曲」って(笑)

――40万回再生されてるんですよね。

藤巻直哉 40万回! 凄いね。

――コメント欄を見ても「今年ももらえなかった」という書き込みもあって、曲に慰められているような感じでもあります。

藤巻直哉 そもそも僕らの世代ってバレンタインデーはなかったからね、のうのうと構えてられたけど、今はね、たくさんもらえる奴ともらえない奴で二分化されるわけじゃないですか。そうすると、もらえない寂しさがあってね。だからいらないんですよ。もてる男ともてない男を明確にしない、ファジーな状態に。ファジーにしておいてくださいよ、という感じですよね。

――さていよいよライブです。完売になっているとか。

藤巻直哉 なってないよ。チケットはいくらでもあります。

藤岡孝章 昔、シークレットライブだよって言ってやったけど、一人も来なかったね(笑)友達しかいなくて。

藤巻直哉 本当にシークレットになっちゃった。

藤岡孝章 だからその時にシークレットライブというのは告知しなきゃだめなんだと、分かった。

藤巻直哉 ここね、大森の「風に吹かれて」というライブハウスなんだけど、ただでリハやらせてもらっているから宣伝して。

藤岡孝章 いやここのライブハウスはいいよね。みんな来た方がいい。おじさんたちのなごみの場。
藤巻直哉 寂しいおじさん、おばさんたちが集まっている憩いの店なんですよ。

――ライブでは新曲も披露されますか?

藤岡孝章 久しぶりだし、新曲を作ろうという話になったけど、前にやっていた楽曲を新曲と言い張ってやってたらわかんえねだろうと。

藤巻直哉 7年ぶりだし、客も年取った人ばかりだから覚えてないだろうと。俺らも新曲だと思っているから。それと、4月11日には、男性限定ライブを開こうと思っています。東京・代官山のライブハウス「晴れたら空に豆まいて」というところですけど、セットリストもガラリと変えて全曲下ネタ。男だけだったらセクハラにはならないだろうということで。

藤岡孝章 不倫は昔からあったけど、今はネット時代だからバレちゃうよね。不倫がいけない、というのは昔からあるけど、ことさらいけなくなった。

藤巻直哉 というわけで、皆さんにはまず2月23日の「月見ル君想フ」でのライブに来てほしいと思います。

 ◇

 なお、当日のライブは、藤巻直哉とテレビ番組での共演以来親交のある、人気占いタレント・ゲッターズ飯田がVTR出演。今年のラッキーワード「音楽」そして、「大人の時代」をテーマに藤岡藤巻の今後を占うコーナーも予定している。運気があがるライブとして合計年齢130歳ユニット「藤岡藤巻」が、今後活動を続けられるのか、ゲッターズ飯田のコメントにも注目だ。

▽藤岡藤巻 7年ぶりの復活ライブ

〜冬眠から目覚めたら冬だった〜
2018年2月23日(金)1830開場1900開演
http://www.moonromantic.com/?p=36844
場所:月見ル君想フ(東京都港区)
前売 2,500 当日 3,000 +1D 600

SHOWROOMでライブ生配信決定
https://www.showroom-live.com/fujiokafujimaki_LIVE2018

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事