山下健二郎

 元乃木坂46の深川麻衣と、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの山下健二郎が出演する映画『パンとバスと2度目のハツコイ』が17日に公開初日を迎え、都内で舞台挨拶がおこなれた。この日は深川と山下、そして監督を務めた今泉力哉氏も出席。現在、韓国・平昌で開催中の冬季オリンピックの話に花を咲かせる場面もあった。

 冒頭から現在韓国で開催中の平昌オリンピックについて司会からコメントを求められると、山下は「めちゃくちゃ見てます、羽生くんやばくないですか?」「平野選手、惜しかったっすね」などといきなり話が止まらない様子。

 「Xゲーム系が好きで、ストリート用のスノボとか大好きですね」と、スノーボードにかなりぞっこんな様子見せる山下は「みんなでつねにテレビ見て応援するのが大事だと思うので、引き続きみんなで応援しましょう!」と、オリンピック応援を呼びかけていた。

 また深川も「気になりますね」とオリンピックには夢中の様子を語りながら「テレビの画面を通してだけど、選手のその姿を見てパワーをもらうことが多いので、勇気をもらう分、これからもお仕事頑張りたいと思います」と、自身の大きな力になっていることを明かした。

深川麻衣

 『パンとバスと2度目のハツコイ』は、結婚に踏ん切りをつけることの出来ない女性が、初恋相手と再会したことで巻き起こる恋愛模様を描いたストーリー。パン屋に勤める“恋愛こじらせ女子”のヒロイン、市井ふみ役を深川、ふみの初恋相手で、バスの運転手・湯浅たもつを山下が演じる。深川は初主演、映画初出演。また、今回映画の主題歌「Puzzle」を、Leolaが楽曲提供、歌唱している。

 昨年おこなわれた『東京国際映画祭』で招待作品として上映された際の舞台挨拶から、多くのキャンペーン、舞台挨拶などをこなしてきた深川は「撮影した後くらいは、まだ公開までは時間があると思っていましたが、あれよあれよという間に当日を迎え今日ここにきてやっとじわじわと実感が湧いてきたような気持ちです」と公開の気持ちを実感する。

 また山下も「非常に嬉しいのと、この撮影したのも去年の6月後半くらいくらい、結構短い期間でぎゅっと濃い時間を過ごした時間で、僕としてもすごく思い入れのある作品なので、今日というこの日を迎えられて嬉しいです」と感慨深く語った。【取材・撮影=桂 伸也】

この記事の写真

写真はありません

記事タグ