X JAPANの「X Japan World Tour 」が、英ロンドンのSSEアリーナ・ウェンブリーで開催された公演で優れた公演に与えられる賞『SSE Live Awards 2017 Winners」(SSE・ライブアワード)で第1位に選ばれた。

 2017年に英国ロックの殿堂、ウェンブリー・アリーナ(現・SSEアリーナ・ウェンブリー)でおこなわれたイベントを対象に、音楽ファンの登場で決めるもので、今回は100万の投票があったなかで『X JAPAN LIVE 2017 at the WEMBLEY Arena in LONDON』(2017年3月4日開催)が、最多の36万票を集め、1位となった。トップ10の中にはQueen & Adamの公演もあった。

 今回の賞のトップ10は次の通り。

1位 X Japan World Tour
2位 Shreya Ghoshal
3位 Sunidhi Chauhan
4位 Queen & Adam Lambert
5位 Hillsong Christmas 2017
6位 Gurdas Maan
7位 Paul Chowdhry
8位 James Arthur
9位 The Kooks
10位 Steps

X JAPANのYOSHIKI

 1位を受賞した公演は、X JAPANにとっても過去最大のイギリス公演となり、ドキュメンタリー映画『WE ARE X』の特別バージョン放映後、「RUSTY NAIL」に始まり、「HERO」「JADE」「Born To Be Free」「X」「ENDLESS RAIN」や、映画『WE ARE X』のテーマソングである「La Venus」、また、イギリスならではのQUEEN「Bohemian Rhapsody」や、David Bowie「Space Oddity」を、YOSHIKIがサプライズでピアノ演奏するなど、客席を埋め尽くした1万人の観客を前に全23曲を披露。3時間を超えるライブパフォーマンスをみせた。

 バンドのリーダーでありドラマーでピアニストのYOSHIKIは、今回の受賞について「ファンの皆様の応援に感謝しています。この様な賞を受賞できてとても光栄です。X JAPANは、今年米コーチェラでのパフォーマンスを終えたら、また近いうちにイギリスに戻って公演したいと思っています。またみなさんに会えることを楽しみにしています」とコメント。

 またSSE スポンサーシップ&リワード部長のCOLIN BANKSは「3月におこなわれたウェンブリー・アリーナのX JAPAN WORLD TOUR、メンバー及び関係者の皆様おめでとうございます。本当に素晴らしいコンサートでした、この賞にふさわしい勝者だと思います」とコメントしている。

記事タグ