歌詞の内容が物議を呼んでいた楽曲「あたしおかあさんだから」について、NHK Eテレ『おかあさんといっしょ』11代目うたのおにいさんを務めていた、横山だいすけが8日、自身のブログを更新し、「みなさんを傷つけてしまったり辛い思いをさせてしまいました」と騒動を謝罪した。

 横山は、この日付のブログで「みなさん、この度はご心配をおかけしてすみません。去年卒業してからたくさんの人とお仕事させていただき、日々勉強の1年でした」と書き出し、「hulu だい!だい!だいすけおにいさん!!のスタッフのみなさんも子供たちや親御さんに喜んでもらえるよう頑張ってくださっています」とし、「しかし今回、理由はどうあっても結果的に応援してくれているみなさんを傷つけてしまったり辛い思いをさせてしまいました」と謝罪。

 更に「僕自身これからも子どもたち、親御さん、そしてみんなに歌を通じて、活動を通じてたくさんの楽しさや元気を届けられるよう、今回の歌の一件を真摯に受け止め頑張っていきたいと思います。たくさんのコメント本当に本当にありがとうございます」とファンへの感謝の思いもしたためた。

 今回の騒動をめぐっては、動画配信サービス「Hulu」で、『おかあさんといっしょ』卒業後自身初の冠番組『だい!だい!だいすけおにいさん!!』で放送された同曲の歌詞の内容が、母親に自己犠牲を強いていると思わせるとして、母親の心情を欠いたのではないかと批判の声が寄せられていた。

 これを受け、歌詞を手掛けた絵本作家・のぶみ氏はツイッターで「本当にご迷惑おかけしました 歌詞に不快な気持ちを 感じた人 改めて深くお詫びします もっと見る人の気持ちを 考えて制作するべきでした 本当にもう一度 書き直したい気持ちで いっぱいです この度は、 申し訳ありませんでした」と謝罪していた。

記事タグ