日本を元気にする曲

――ここまで振り切った曲を歌うときは、どんな心境なんですか?

麟太郎

優弥 男性の方々が歌ったら、本当に「ヤバすぎる」感じになるじゃないですか。そこを男装ユニットが歌うことで、いい意味でグレーゾーンな感じとして楽しく愉快に聴けるんじゃないかと思います。

――確かに。これをSEAMOさんが歌ったら、完全に男の欲望の歌になりますからね。

優弥 それ、ヤバいですよね。

神 でも、いつかSEAMOさんにセルフカバーしていただきたいです。

優弥 SEAMOさんバージョンも、確かに聴いてみたい。(男の欲望を赤裸々に記した)包み隠さぬストレートな歌詞だからこそね。

――「俺またやっちまった」は、ファンの人たちも、すごく妄想を膨らませ楽しめる曲ですよね。

春月 Viperaのファンたちは妄想少女たちが多いんで、ちょうどいいなと思いましたね。自分もこの曲を歌うときには、胸が大好きなリーダーをイメージしていました。

――男性ミュージシャンなら、こういう欲望をみんな持っていると思います。女性の場合、そこはどうなんですか?

優弥 この曲は、普通の人なら理性が働いて止めるところを、止められなかった人の歌。主人公は男性ですけど、欲望って男女問わず持っていることで。そういう面では「わかるな」と思いました。

神 ライブでもまだ披露し始めて間もないんですけど、「俺またやっちまった」を歌うと、お客さんたちがすごく盛り上がるんですね。俺たちが問いかけると、みんなも応えてくれたりなど、コール&レスポンスの部分がとくに盛り上がる曲。実際にライブ会場ではみなさん大騒ぎしていて、同じ輪の中に入ってしまえばメチャクチャ楽しくなれる歌だと思う。

優弥 「バカになれる」って、すごく大事だと思うんですよ。エロもバカも近い感覚で、「俺またやっちまった」は日本を元気する歌。じつは、そこがポイントなんですよ。

春月 自分、初めてこの曲を聴いたときから「ハッピーな曲だなぁ」と思ってたんですよ。だから衣装をデザインするときも、ハッピーなイメージを形にしようと、「めでたい=赤と白」の紅白イメージということから、この衣装を作りました。

――一緒にバカになれるパーティーソングですからね。

優弥 真面目にやるときは真面目にやって、バカになるときはバカになる。それって大事ですよね。

麟太郎 真面目な曲は真剣に歌うけど、バカな曲のときはめっちゃバカになって歌う、その高低差があるところがViperaの良いところだなぁと思っていて。そこが、SEAMOさんの感覚ともピッタリとハマったんです。

優弥 SEAMOさんも、「マタアイショウ」のような曲もあるし、シーモネーターとしての面もある人ですからね。

――Viperaは、いろんな表情の楽曲を歌っているユニットですよね。

神 プロデュースしてくださる方によって変わる面もありますからね。ファンの方によっても、Viperaがロックやポップス系のアーティストに見えている人もいれば、アイドルとして見てる人もいるように、いろんな見方をしています。そこに関しては、その人の見方が正解ということで、感じたままに好きになってくれたらいいなと思います。

――メンバー自身も、いろんな色に染まることを楽しんでいる?

いちる そこを楽しんでいます。

優弥 今回はエロい色に染まったように、そういう表情にだって全力で挑むよう、常にファンたちを驚かせたい。その驚かせたい気持ちが毎回あるからこそ、我々もいろんな表情に染まることを楽しんでいけるわけですからね。

神 それがあるからこそで、「Vipera、次は何してくれるんだろう!?」とマンネリ化することもないみたいな。

――でも、胸は大切なキーワード?

優弥 胸は大切です。

春月 それは、この人(優弥)だけですけどね。

神 このユニット、それぞれに大切なキーワードがあるからね。僕の場合、「俺またやっちまった」の歌詞の中だと、大切なキーワードにピー音が入ってしまいましたからね。

――そのキーワードとは?

神 言えないのですが、私が好きなことをSEAMOさんがわかってくださってて、歌詞としてそのワードを書いてくれたんですけど…。大人の会議にかけられる中、「この言葉を直接届けるのは難しいね」ということからバキューンという音で消されました。でもライブではそのまま言ってるから、ライブで聞きに来てください。

この記事の写真

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。