INTERVIEW

大人のエロスを楽しく、Vipera、男装ユニットだから歌える際どさ


Vipera

記者:長澤智典

掲載:18年02月08日

読了時間:約14分

胸だけじゃなくて…

――メンバーそれぞれ、「俺またやっちまった」を聴いたときの印象はいかがでしたか。

いちる

麟太郎 初めて歌詞を読んだとき、「えっ、こんなこと歌っちゃっていいの!?」「本当にこの歌詞で大丈夫かな?」と心配した面は、正直ありました。でも、楽曲自体はすごくノリやすいし、そこはSEAMOさんらしいなぁという印象も受けました。

――主人公の性格を、麟太郎さんはどのように受け止めました?

麟太郎 「この人、ぶっ飛んでるなぁ」とは思いました。

神 もともと男装というユニット自体が世間的には珍しいというか、世の中的にも「えっ?」と目を引く存在だと思うんです。それに加えて今回は、聴いた瞬間「なんなんだ、こいつらは!!」とインパクトを与えられる楽曲だと思います。何より、一度聴いたら忘れらない曲であり、ユニットとしてのインパクトもあって、我々Viperaにピッタリな楽曲になりました。

優弥 まさしくね。

神 われわれViperaは、つねに「爪痕を残してやろう」という気持ちで活動をしているんです。ライブで「俺またやっちまった」を歌う度に、みなさん衝撃を受けて、楽曲を聞いて笑ったり騒いだりしてくれる。その姿を見たときには、「よっしゃ、きたぁ!!」という気持ちも覚えますからね。

――確かに、爪痕どころじゃないですからね、今回は。

優弥 最初は「この曲を世の中に出せるのか」という話すらありましたけど、イチかバチかで出したら、まさかの嬉しい反響をライブではもらえています。

 最初に聴いたときは、まさに「突っ込みどころしかない」曲という印象でした。なのに、聴いてると中毒性を持つ魅力があって、「難しいことは考えないで、みんなバカになって騒いじゃおう」という曲調や歌詞の内容でもあるように、そこもViperaにピッタリだと思いました。

――今回の楽曲は、胸どころじゃなく、いろんな部位まで大回転しながら攻めていますからね。

優弥 そうなんですよ。胸だけじゃなくて…ねぇ!!

――いちるさんは、どんな感想を抱きました?

いちる この曲を聴いたとき僕は、“第三者目線の歌”ではなく“当事者目線の歌”なんだなとわかり、ビックリしました。なので、聞いてくれる子たち自身も「ドキドキするような曲だろうなぁ」という印象がひとつ。もう一つの魅力が、ノリノリな曲が途中でいきなり綺麗な曲に転調するんですけど、そこにSEAMOさん作る曲の凄さを覚えました。確かにこの曲はエロい歌なんてすけど、途中でいい人ぶる(笑)。そこが面白いと思ったし、そこも含めて「楽しい曲だなぁ」と思いました。

――歌っていても、テンションがアガりますよね。

いちる アガります、僕、ギルティーな男…罪な男を担当している分、気持ちを入り込みやすい歌でした。

――そうか、いちるさんは“罪な男担当”なんですもんね。

いちる そうなんです。みんなを僕のお姫様にしちゃうように、一人に縛られない存在です。

――「俺またやっちまった」の主人公も、4股、5股、6股とかけていますからね。

優弥 まさに、いちるにピッタリな…。

いちる いや、ピッタリじゃなく。そこは、あくまでも罪担当なキャラとしてなので。

優弥 いちるは、一人に絞れないんだよ。

――春月さんは、どんな印象でした?

春月 俺は「美の革命家」のように、美しさの最前線を行くのが自分の中のコンセプト。なのにこの曲は、とにかく歌詞が過激だから「えっ、これを春月が歌っちゃう?」と、かなり衝撃を受けました。

 だけど、そこは「この曲はみんなでバカになって騒げる歌だから」と捉え、美の革命家な面を封印して楽しみました。実際にライブでは、ファンの子たちと一緒に「いえーい!!」と騒げる歌ですからね。そんな危ない楽しさを、今回は提供しています。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事