女優の小野真弓(36)が3日、写真集『赤い花』(講談社)の出版を記念したサイン本お渡し会を開催した。イベント前には取材会もおこなわれ、写真集に寄せた思いを語った。

 20歳の時に「アコム」のCMでさわやかな女子を演じ一躍、時の人となった小野だが、写真集は2011年出版の『Switch』を最後に休止していた。出版休止は女優活動にシフトするため、アイドル的な立ち位置を変えたいとの意思だったという。その小野が今作で7年ぶりに一作限り復活した。

50本のバラの花を手にする小野真弓

 今作の撮影は山梨県の川口湖など都内近郊でおこなわれた。「今まで出させて頂いた写真集は南の島に行って夢の中の世界のような感じだったけど、今回は近郊でよりリアルというか、良くも悪くもそのままの私が写っている。凄くお気に入りな面と自分のコンプレックスがそんまま映り込んでいる」とありのままの姿を収めたという。

 今回復活した理由を事前に「自分を全部さらけ出してみたい」という思いがあったと語っていた小野。心境の変化は「なかった」としながらも「年齢を重ねて見せ方、表現、違う表現ができるかなと。たくさん、写真集を出させて頂いていますけど、10代や20代の魅力はあるけど、その時に出せなかった魅力があるなと思いました」と経緯を明かし、その魅力は「100%出た」と自信をのぞかせた。

小野真弓

 過去には歌手活動をおこなっていた時期もある小野。今回も詩は書いたものの「文章を書くのは怖くて、書くのもすごい大変だった。恥ずかしくて文章を書くのが。写真を撮られるより、文章を書くといろんな隠しているものが丸裸になってばれる感じがして。肌を見せるより裸、内臓まで見せる気分で…恥ずかしくて」と控えめだが、その詩では赤裸々に自身の心情を明かしている。

 写真集制作にあたっては「自分の気持ちや思いを突き詰めてみると、自分が何気なく思っていた以上にいろんな欲の深さを感じた」という小野。「36歳になった私のリアルが全て写っています。ぜひチェックしてください」と語った。【取材・撮影=木村陽仁】